「レンジローバー」に15台の限定モデル 「SVOデザインエディション2019」が登場

2019.07.18 自動車ニュース
ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2019
ランドローバー・レンジローバーSVOデザインエディション2019拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年7月18日、ランドローバーの最上級SUV「レンジローバー」に特別仕様車「SVOデザインエディション2019」を設定し、15台限定で受注を開始した。

 
「レンジローバー」に15台の限定モデル 「SVOデザインエディション2019」が登場の画像拡大
 
「レンジローバー」に15台の限定モデル 「SVOデザインエディション2019」が登場の画像拡大
 
「レンジローバー」に15台の限定モデル 「SVOデザインエディション2019」が登場の画像拡大
 
「レンジローバー」に15台の限定モデル 「SVOデザインエディション2019」が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載した「ヴォーグ」グレードをベースに、ランドローバーの高性能モデルやビスポークオーダーを手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を行ったボディーキット「SVOデザインパック」を装備した限定モデルである。

フロントバンパーやフロントグリル、サイドベント、サイドシルクローティング、リアバンパーからなるSVOデザインパックに加え、コントラストルーフや「ブラックエクステリアパック」、22インチの「9スプリットスポークスタイル 9012アロイホイール」(グロスブラックフィニッシュ)を組み合わせるなど、エクステリアの各所がブラックでコーディネートされている。

カラーバリエーションは、「バイロン・ブルー」の外装色に「ネイビー&アイボリー」のインテリア、「コリス・グレイ」の外装色に「エスプレッソ&アーモンド」のインテリア、「フジ・ホワイト」の外装色に「エボニー&アイボリー」のインテリアの3種類が用意される。

装備も充実しており、電動サイドステップやフロントシートのクーラーボックス、20way電動シート(前席シートクーラー&ヒーター、後席電動リクライニング&ヒーター付き)、インフォテインメントシステムを「Android Auto」や「Apple CarPlay」に対応させる「スマートフォンパック」などを採用。レーンキープアシストやアダプティブクルーズコントロール、360°サラウンドカメラ、パークアシスト機能などからなる「ドライバーアシストパック」も備わっている。

価格は1874万7277円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る