アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上

2019.07.31 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー」のカスタマイズプログラム「Make Your Spider」採用車。(以下同じ)
「アバルト124スパイダー」のカスタマイズプログラム「Make Your Spider」採用車。(以下同じ)拡大

FCAジャパンは2019年7月3日、2シーターオープン「アバルト124スパイダー」にカスタマイズプログラム「Make Your Spider」を導入、同年8月1日から9月30日までの2カ月間限定で実施すると発表した。

 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大
 
アバルト124スパイダーにカスタマイズプログラム初導入 選べる組み合わせは1564通り以上の画像拡大

同プログラムのセリングポイントは、内外装バリエーションの豊富さ。外装色は標準色のレッドとホワイト、メタリックブルー、パールホワイトに加え、シルバー、ブラックを含めた計6色をラインナップ。シートはレザー/アルカンターラとフルレザー、RECARO社製のレザー/アルカンターラの3タイプから選択できるようになっている。

通常、ボディーカラーとシートの組み合わせは限定されるが、同プログラムではより幅広い組み合わせの中から選ぶことができる。

さらにオプションとして「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」「レザーシート/ナビゲーション/オーディオパッケージ」「レカロシート/ナビゲーションパッケージ」という3タイプの装備パッケージを用意。トランスミッション(MT/AT)、ボディーカラー、シートデザイン、オプションパッケージの組み合わせは合計68通りに及ぶ。

これらにミラーカバーやピラーバーベゼル、「レコードモンツァエキゾーストシステム」などといったアクセサリーの選択肢を含めると、バリエーションは合計1564以上になる。

消費税を10%とした場合の価格は6MT車が406万円、6AT車が416万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
124スパイダー, アバルト, 自動車ニュース

アバルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る