「ポルシェ・カイエン/カイエン クーペ」に新たな旗艦モデル 最高出力680psの「ターボS Eハイブリッド」登場

2019.08.13 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」(写真左)と「カイエン ターボS Eハイブリッド」。
「ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」(写真左)と「カイエン ターボS Eハイブリッド」。拡大

独ポルシェは2019年8月13日、SUV「カイエン」および「カイエン クーペ」の新たなトップパフォーマンスモデル「カイエン ターボS Eハイブリッド」と「カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」を発表した。

駆動用バッテリーの容量は14.1kWh。
駆動用バッテリーの容量は14.1kWh。拡大

今回追加された2モデルはいずれも、最高出力550psの4リッターV8ツインターボエンジンに同136psの電気モーターを組み合わせたパワーユニットを持つプラグインハイブリッド車である。

モーターはエンジンと8段ATとの間にレイアウトされており、システム総合では最高出力680ps/最大トルク900Nmを発生。動力性能については最高速が295km/h、0-100km/h加速のタイムが3.8秒で、モーター駆動のみでの最高速は135km/hに達するという。

ラゲッジコンパーメントフロアに搭載される駆動用バッテリーの容量は14.1kWhで、一充電あたりの航続可能距離は40km。平均燃料消費量(NEDC)は3.9-3.7リッター/100km(約25.6-27.0km/リッター)、平均電力消費量は19.6kWh-18.7kWh/100kmと公表されている。

価格や日本への導入時期などはアナウンスされていない。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン, カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る