最高出力306PSの直4ターボエンジンを搭載 「メルセデスAMG A35 4MATIC」デビュー

2019.08.27 自動車ニュース
メルセデスAMG A35 4MATICエディション1
メルセデスAMG A35 4MATICエディション1拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年8月27日、最高出力306PSの2リッター直4ターボエンジン「M260」を搭載する「35シリーズ」を4代目「Aクラス」に新設定し、同日、受注を開始した。

アクセントステッチ入り専用ツートンカラーを用いたレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスシートが装備される 「AMG A35 4MATICエディション1」。
アクセントステッチ入り専用ツートンカラーを用いたレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスシートが装備される 「AMG A35 4MATICエディション1」。拡大
「AMG A35 4MATICエディション1」は、デニムブルーの専用ボディーカラーを採用している。
「AMG A35 4MATICエディション1」は、デニムブルーの専用ボディーカラーを採用している。拡大
「AMG A35 4MATIC」に搭載される2リッター直4ターボエンジン「M260」。最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生。
「AMG A35 4MATIC」に搭載される2リッター直4ターボエンジン「M260」。最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生。拡大
「AMG A35 4MATIC」の4WDシステムは、前後トルク配分を100:0から50:50までの範囲で連続可変制御。電気機械制御式の採用によって、シャープな走行レスポンスが得られるという。
「AMG A35 4MATIC」の4WDシステムは、前後トルク配分を100:0から50:50までの範囲で連続可変制御。電気機械制御式の採用によって、シャープな走行レスポンスが得られるという。拡大
「AMG A35 4MATIC」には、走行シーンに合わせ、3つのモードから選択可能な「AMG RIDE CONTROLサスペンション」がオプション設定されている。写真は手前がフロントサスペンションで、奥がリアサスペンション。
「AMG A35 4MATIC」には、走行シーンに合わせ、3つのモードから選択可能な「AMG RIDE CONTROLサスペンション」がオプション設定されている。写真は手前がフロントサスペンションで、奥がリアサスペンション。拡大
「AMGスピードシフトDCT」と呼ばれる7段DCTを搭載。
「AMGスピードシフトDCT」と呼ばれる7段DCTを搭載。拡大

AMGの新たなエントリーモデル

今回35シリーズの端緒を切るモデルとなるのは、2018年10月のパリモーターショーでワールドプレミアされた「メルセデスAMG A35 4MATIC」。メルセデスがNGCC(ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カーズ)と呼ぶFFプラットフォームベースのAMGモデルでは、従来通り「45シリーズ」がフラッグシップに位置付けられ、新設された35シリーズはエントリーモデルとしての役割を担う。

AMG A35 4MATICのフロントに搭載される2リッター直4ターボエンジン「M260」は、最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生。低回転域での力強く自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC(カムトロニック)」を採用しているという。トランスミッションには、「AMGスピードシフトDCT」と呼ばれる7段DCTが組み合わせられる。参考までに記すと、フラッグシップモデル「AMG A45 S 4MATIC+」には、最高出力421PS、最大トルク500N・mの2リッター直4ターボエンジン「M139」および新設計8段DCTが搭載されている。

シャシーでは、フロントセクションのねじり剛性を強化するため、エンジン下部にアルミニウムのプレートを、アンダーボディー前部に2本のブレースを追加。サスペンションは、AMGシリーズ独自の強化策を施しているほか、3つのモードから選択可能な「AMG RIDE CONTROLサスペンション」をオプションで設定し、走行快適性とアジリティーの向上を実現したという。

4WDシステムは、リアアクスルに内蔵された多板クラッチを用いた電気機械制御式を採用。前後トルク配分を100:0から50:50までの範囲で連続可変制御させる。一般的な電気油圧システムの4WDに比べ、レスポンスが速く、しかも動作が速度に依存しないことなどから、よりシャープなドライビングダイナミクスが得られるとメルセデスでは、そのメリットを説明している。

AMG A35 4MATICには「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」「インディビジュアル」という5つのドライブモードが備わり、センターコンソールに設置される「AMG DYNAMIC SELECT」を用いて走行シーンに合わせて最適な制御を選択できるようになっている。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エキゾーストシステム、ステアリングの制御が変更可能なほか、それぞれにおいて自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」の2つの「AMG DYNAMICS」モードがあり、ESPの制御を変化させる。 

エクステリアでは、ツインブレード形状を採用したフロントグリルや専用シルバークロームのフロントスプリッター、シルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれる左右エアインテーク部など、メルセデスAMGモデルであることを示すデザインが採用されている。リアまわりでは、ルーフスポイラーや専用デザインの大型リアディフューザー、クローム仕上げのデュアルエキゾーストパイプなどが目を引く。

インテリアにも、AMG専用装備が採用されている。コックピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用表示スタイルが選択可能、フロントシートはヘッドレスト一体化のセミバケットタイプとなる。

オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択すると、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」やサイドサポート部分の張り出しが大きい「AMGパフォーマンスシート」が装着される。このステアリングホイールには、手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」のほか、右下にはAMG DYNAMIC SELECTの走行モードスイッチ、左下には事前の設定によりサスペンション、マニュアルモード、ESPなどの調整を行えるスイッチが配置されている。

発表記念の特別仕様車も登場

メルセデス・ベンツ日本は、AMG A35 4MATICの導入を記念し特別仕様車「エディション1」も設定している。

同車には、デニムブルーの外装色を採用し、専用デカールと19インチの「AMGマルチスポーク」アルミホイールの一部が「マットテックゴールド」にペイントされているほか、フロントグリルルーバーの一部やサイドスカートインサート、サイドミラーハウジング、リアディフューザー、エキゾーストパイプなどの外装パーツがハイグロスブラック仕上げになるなど、特別なカラーコーディネートが施されている。

そのほかエクステリアでは、大型フロントスプリッターやフロントバンパーサイドに追加されたフリック、ハイグロスブラック仕上げの大型リアウイングを装備。インテリアには、アクセントステッチ入り専用ツートンカラーを用いたレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスシートやAMGロゴ入りアルミニウムシルバー/ブラックの専用トリム、ナッパレザーの「EDITION」ロゴ入りAMGパフォーマンスステアリングなどが採用されている。

さらに360°カメラシステムやヘッドアップディスプレイ、アドバンスドサウンドシステム、エナジャイジングパッケージプラスが含まれる「AMGアドバンスドパッケージ」や「ナビゲーションパッケージ」、AMG RIDE CONTROLサスペンション、前席マルチコントロールシートバック、リラクゼーション機能が標準装備される。

価格は以下の通り。

  • メルセデス AMG A35 4MATIC:628万円
  • メルセデス AMG A35 4MATICエディション1:743万円

(webCG)

「メルセデス AMG A35 4MATIC」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • 最高出力421PSの2リッターターボを搭載 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」登場【東京モーターショー2019】 2019.10.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月23日、「メルセデス・ベンツAクラス」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」を導入すると発表し、注文受け付けを開始した。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る