特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタート

2019.08.30 自動車ニュース
アルピーヌA110ブルーアビス
アルピーヌA110ブルーアビス拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年8月30日、ミドシップのコンパクトスポーツカー「アルピーヌA110」の特別仕様車「ブルーアビス」の注文受付を、同年9月5日に開始すると発表した。

 
特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタートの画像拡大
 
特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタートの画像拡大
「A110ブルーアビス」の実車は、2019年9月6日~16日、東京・六本木のAXIS(東京都港区六本木5-17-1)に展示される。
「A110ブルーアビス」の実車は、2019年9月6日~16日、東京・六本木のAXIS(東京都港区六本木5-17-1)に展示される。拡大

アルピーヌA110ブルーアビスは、通常のカタログモデルにはない内外装の仕立てを特徴とする限定車。

ボディーは「ブルーアビス メタリック」と呼ばれる青で塗られており、黒をあしらった18インチアロイホイール「SERAC」が組み合わされる。パワートレインをはじめとするメカニズムおよび諸元については、カタログモデルの「リネージ」と変わらない。

価格は829万円。台数は30台限りで、購入申し込みの先着順で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車) 2020.11.5 画像・写真 2020年11月5日にスタートした、アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」。その特別な“ヘリテージカラー”をまとう「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110(後編) 2020.12.27 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「アルピーヌA110ピュア」の試乗リポート後編。一部の好事家に、かの「ロータス・ヨーロッパ」の再来ともいわれている、軽量なフレンチミドシップスポーツの最終評価は?
  • アルピーヌA110(前編) 2020.12.20 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、生産終了から約40年の時を経て21世紀に復活した「アルピーヌA110」。ライトウェイトミドシップスポーツの楽しさを誰よりも知る漫画界のスーパーレジェンドが、その印象を語る。
ホームへ戻る