特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタート

2019.08.30 自動車ニュース
アルピーヌA110ブルーアビス
アルピーヌA110ブルーアビス拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年8月30日、ミドシップのコンパクトスポーツカー「アルピーヌA110」の特別仕様車「ブルーアビス」の注文受付を、同年9月5日に開始すると発表した。

 
特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタートの画像拡大
 
特別なブルーをまとう「アルピーヌA110」 30台限定で受注スタートの画像拡大
「A110ブルーアビス」の実車は、2019年9月6日~16日、東京・六本木のAXIS(東京都港区六本木5-17-1)に展示される。
「A110ブルーアビス」の実車は、2019年9月6日~16日、東京・六本木のAXIS(東京都港区六本木5-17-1)に展示される。拡大

アルピーヌA110ブルーアビスは、通常のカタログモデルにはない内外装の仕立てを特徴とする限定車。

ボディーは「ブルーアビス メタリック」と呼ばれる青で塗られており、黒をあしらった18インチアロイホイール「SERAC」が組み合わされる。パワートレインをはじめとするメカニズムおよび諸元については、カタログモデルの「リネージ」と変わらない。

価格は829万円。台数は30台限りで、購入申し込みの先着順で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタート 2021.6.10 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年6月10日、限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」の注文受け付けを開始した。受付期間は同年7月18日までで、世界限定台数の300台に達した場合は、その時点で販売終了となる。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る