MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】

2019.09.11 自動車ニュース
MINIクーパーSE
MINIクーパーSE拡大

独BMWは、第68回フランクフルト国際モーターショー(開催期間:2019年9月10日~9月22日)に、MINIブランド初の量産電気自動車「MINIクーパーSE」を出展した。

 
MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】の画像拡大

MINIクーパーSEは、2017年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された「MINIエレクトリック・コンセプト」の量産市販モデル。コンセプトモデルの登場からおよそ2年を経た2019年7月に披露され、今回、フランクフルトでのモーターショーにも展示された。

駆動用モーターはフロントに搭載されており、最高出力184PS(135kW)を発生。0-100km/h加速は7.3秒で、最高速は150km/hと公表される。

床下におさまるリチウムイオンバッテリーの容量は32.6kWh。出力11kWの充電器を使った場合、2時間半以内に80%のエネルギーを補給できるという。一充電あたりの航続可能距離は最長270kmとされており、今回の出展に際しては、BMW本社のあるミュンヘンからショー会場のフランクフルトまでの約400kmを自走、1回の途中充電で完走している。

MINIクーパーSEは、2019年11月に英国オックスフォードの工場で生産が開始され、その後グローバルに供給される。ドイツにおけるスタート価格は、3万2500ユーロ(約386万円、19%の付加価値税含む)になる見込み。

◆「MINIクーパーSE」のフォトギャラリーはこちら

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, フランクフルトモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
ホームへ戻る