三菱がSUV「アウトランダー」の改良モデルを発表 4WD車に走行性能を向上させる「S-AWC」を搭載

2019.09.12 自動車ニュース
三菱アウトランダー
三菱アウトランダー拡大

三菱自動車は2019年9月12日、ミドルサイズSUV「アウトランダー」および「アウトランダーPHEV」に一部改良を施し、同日、販売を開始した。

三菱アウトランダーPHEV
三菱アウトランダーPHEV拡大
「アウトランダーPHEV」のインテリア。運転席にパワーランバーサポート機能が全車に採用されたほか、セカンドシートの形状やクッションの変更も行われている。
「アウトランダーPHEV」のインテリア。運転席にパワーランバーサポート機能が全車に採用されたほか、セカンドシートの形状やクッションの変更も行われている。拡大
510Wのパワーアンプと8個のスピーカーを組み合わせる「ミツビシパワーサウンドシステム」を、一部グレードにオプションで設定。
510Wのパワーアンプと8個のスピーカーを組み合わせる「ミツビシパワーサウンドシステム」を、一部グレードにオプションで設定。拡大

黒にこだわった特別仕様車も登場

今回の改良では、アウトランダー(ガソリン車)の4WD車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備としたほか、従来の走行モードである「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」に加え、新たにラフロードでの走行に適した「GRAVEL」を追加。悪路での走行性能を向上させたという。

アウトランダーとアウトランダーPHEVに共通となる変更としては、510Wのパワーアンプと8個のスピーカーシステムが組み込まれた「ミツビシパワーサウンドシステム」や「Android Auto」「Apple CarPlay」がコントロール可能な「スマートフォン連携ナビゲーション」の導入(ともに一部グレードにオプション設定)、運転席やセカンドシートの機能追加および形状の変更などが挙げられる。

両モデルともボディーカラーに「レッドダイヤモンド」が追加され、アウトランダーが全7色、アウトランダーPHEVが全10色から選択できるようになっている。

アウトランダーの特別仕様車「ブラックエディション」では、ダーククロムのフロントファンネルガーニッシュとリアゲートガーニッシュ、ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用。ボディーカラーはルーフを「ブラックマイカ」とした「ブラックマイカ/レッドダイヤモンド」「ブラックマイカ/ホワイトパール」「ブラックマイカ/チタニウムグレーメタリック」のツートンカラー、およびモノトーンのブラックマイカの全4バリエーションがラインナップされる。

価格は、アウトランダーが267万6240円から335万8800円、アウトランダーPHEVが386万7480円から519万8040円。

(webCG)

関連キーワード:
アウトランダー, アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る