ルノーがSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更 よりシックなイメージに

2019.09.26 自動車ニュース
ルノー・キャプチャー インテンス
ルノー・キャプチャー インテンス拡大

ルノー・ジャポンは2019年9月26日、コンパクトSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更し、販売を開始した。

ボディーカラーには新色の「ルージュ フラムM」と「グリ カシオペM」(写真)が採用された。
ボディーカラーには新色の「ルージュ フラムM」と「グリ カシオペM」(写真)が採用された。拡大
内装色はブラックとアイボリーのツートン。「インテンス」のシートにはボディーカラーに応じてブラウンとグレーの2色が用意される。
内装色はブラックとアイボリーのツートン。「インテンス」のシートにはボディーカラーに応じてブラウンとグレーの2色が用意される。拡大

今回の変更では、「インテンス」グレードのカラーラインナップを変更。ルーフカラーを「ノワール エトワール」(黒)に統一し、ボディーカラーを新色の「ルージュ フラムM」(赤)と「グリ カシオペM」(グレー)を含む全4色の展開とした。一方、インテリアについては、ボディーカラーが「イヴォワール」の場合はブラウンの、それ以外のカラーの場合はグレーのファブリックシートが装備される。

なおインテンス レザーの場合、レザーシートの色はボディーカラーに関わりなくブラックとなる。

価格は以下の通り(カッコ内は消費税10%を含む価格)。

  • キャプチャー インテンス:269万9000円(274万9000円)
  • キャプチャー インテンス レザー:279万9000円(285万1000円)

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」がデビュー 2021.4.12 自動車ニュース ステランティスは2021年4月12日(現地時間)、シトロエンブランドの新たなフラッグシップモデル「C5 X」を世界初公開した。サルーンとステーションワゴンを組み合わせた独創的なファストバックボディーを採用している。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る