ルノーがSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更 よりシックなイメージに

2019.09.26 自動車ニュース
ルノー・キャプチャー インテンス
ルノー・キャプチャー インテンス拡大

ルノー・ジャポンは2019年9月26日、コンパクトSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更し、販売を開始した。

ボディーカラーには新色の「ルージュ フラムM」と「グリ カシオペM」(写真)が採用された。
ボディーカラーには新色の「ルージュ フラムM」と「グリ カシオペM」(写真)が採用された。拡大
内装色はブラックとアイボリーのツートン。「インテンス」のシートにはボディーカラーに応じてブラウンとグレーの2色が用意される。
内装色はブラックとアイボリーのツートン。「インテンス」のシートにはボディーカラーに応じてブラウンとグレーの2色が用意される。拡大

今回の変更では、「インテンス」グレードのカラーラインナップを変更。ルーフカラーを「ノワール エトワール」(黒)に統一し、ボディーカラーを新色の「ルージュ フラムM」(赤)と「グリ カシオペM」(グレー)を含む全4色の展開とした。一方、インテリアについては、ボディーカラーが「イヴォワール」の場合はブラウンの、それ以外のカラーの場合はグレーのファブリックシートが装備される。

なおインテンス レザーの場合、レザーシートの色はボディーカラーに関わりなくブラックとなる。

価格は以下の通り(カッコ内は消費税10%を含む価格)。

  • キャプチャー インテンス:269万9000円(274万9000円)
  • キャプチャー インテンス レザー:279万9000円(285万1000円)

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】NEW 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る