マクラーレンが次世代ファンに向けた「720S」を発売 コンパクトボディーに電動パワーユニットを搭載

2019.09.27 自動車ニュース
「マクラーレン720S」の「ライドオン」。
「マクラーレン720S」の「ライドオン」。拡大

マクラーレン・オートモーティブは2019年9月27日、「マクラーレン720S」の乗用玩具(がんぐ)を発表した。

 
マクラーレンが次世代ファンに向けた「720S」を発売 コンパクトボディーに電動パワーユニットを搭載の画像拡大
 
マクラーレンが次世代ファンに向けた「720S」を発売 コンパクトボディーに電動パワーユニットを搭載の画像拡大
 
マクラーレンが次世代ファンに向けた「720S」を発売 コンパクトボディーに電動パワーユニットを搭載の画像拡大
 
マクラーレンが次世代ファンに向けた「720S」を発売 コンパクトボディーに電動パワーユニットを搭載の画像拡大

マクラーレンが「ライドオン」と呼ぶ乗用玩具は、2016年発売の「P1」が初出。今回の720Sではマクラーレンの精神がこれまで以上に込められているとうたわれており、3歳~6歳(対象年齢)の次世代のスーパーカーファンを魅了することは間違いない。

外観はオリジナルの720Sを忠実に再現。跳ね上げ式のドアや露出したカーボン(調)パーツなどがレーシーな雰囲気を高めている。ボディーカラーは数色がラインナップされるが、ローンチカラーである「パパイヤスパーク」(黄色)はマクラーレンの正規販売店でのみオーダーを受け付ける。

パワーユニットには電気モーターを採用。最高出力や最大トルクなどは公表されていないものの、発表とともに公開されたムービーでは、保護者と見られる大人が乗車しても余裕を持って走れているように見えるので、十分以上な性能が与えられているようだ。アクセルペダルの踏み込みに応じてエンジン音が鳴り響くほか、ブレーキ操作によってブレーキランプも点灯する。また、車両はドライバーの操作だけでなく、リモートコントロールにも対応しており、保護者が介助しながらドライブを楽しめる。

ダッシュボードにはインフォテインメントシステムを備えたディスプレイを搭載。USBメモリーやカードに保存した音楽やムービーを再生できる。

価格は11万5500円(消費税10%を含む)からとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
720S, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • 東京オートサロン2020(マクラーレン) 2020.1.12 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは東京オートサロン2020に初出展し、新型ミドシップモデル「マクラーレンGT」とスーパーシリーズのフラッグシップモデルである「720Sスパイダー」を展示。英国が誇る2台のスーパーカーを写真で紹介する。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • 旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ 2020.1.22 デイリーコラム ベントレーの最上級サルーン「ミュルザンヌ」が、ついに生産終了に。名門の看板を担い続けたフラッグシップモデルの魅力と、その心臓部を担う特別なエンジン“ベントレーV8”の歴史を振り返るとともに、ベントレーのプレステージカーの今後に思いをはせる。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
ホームへ戻る