第77回:病膏肓に入る

2018.02.13 カーマニア人間国宝への道

欲しいクルマベスト3を発表

MJ参謀長(清水草一)率いるカーマニア集団・MJ戦略参謀本部のカーマニア談義もいよいよ佳境。今回は、最近登場した新型車についての口(くち)プロレスだ。

MJ参謀長(以下 M):では伊達軍曹とマリオ二等兵に尋ねる。最近出た新型車で、欲しいと思ったクルマベスト3を挙げよ。まず軍曹から。

伊達軍曹(以下 伊):第3位はナシ、第2位は「ジュリア クアドリフォリオ」、そして第1位は「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」であります。

M:ずいぶんと浮世離れした選択だが、そのココロは?

伊:現在のわたくしは「スバルXV」で完全に満たされておりまして、買いたいクルマはありません。それでも何かを買うのなら、飛び切りスゲーモノ以外にあり得ないのです。

M:つまり、現実を無視した選択しか思い浮かばないと。

伊:さいですね。仮想通貨でドーンと来たら、億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回すわけですが、その際自家用車がXVのみというのもアレですので、アヴェンタドールSが1位となります。

M:なるほど。アヴェンタSに試乗し、感銘を受けたのだな。

伊:助手席のみですが、大変すばらしかったであります(笑)。が、いくらなんでもアヴェンタは非現実的すぎるという思いもあり、第2位にはやや現実的なジュリア クアドリフォリオ。第3位はナシです。

M:うむ。100%理解した。

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。拡大
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」拡大
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」拡大
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
ホームへ戻る