クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第77回:病膏肓に入る

2018.02.13 カーマニア人間国宝への道

欲しいクルマベスト3を発表

MJ参謀長(清水草一)率いるカーマニア集団・MJ戦略参謀本部のカーマニア談義もいよいよ佳境。今回は、最近登場した新型車についての口(くち)プロレスだ。

MJ参謀長(以下 M):では伊達軍曹とマリオ二等兵に尋ねる。最近出た新型車で、欲しいと思ったクルマベスト3を挙げよ。まず軍曹から。

伊達軍曹(以下 伊):第3位はナシ、第2位は「ジュリア クアドリフォリオ」、そして第1位は「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」であります。

M:ずいぶんと浮世離れした選択だが、そのココロは?

伊:現在のわたくしは「スバルXV」で完全に満たされておりまして、買いたいクルマはありません。それでも何かを買うのなら、飛び切りスゲーモノ以外にあり得ないのです。

M:つまり、現実を無視した選択しか思い浮かばないと。

伊:さいですね。仮想通貨でドーンと来たら、億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回すわけですが、その際自家用車がXVのみというのもアレですので、アヴェンタドールSが1位となります。

M:なるほど。アヴェンタSに試乗し、感銘を受けたのだな。

伊:助手席のみですが、大変すばらしかったであります(笑)。が、いくらなんでもアヴェンタは非現実的すぎるという思いもあり、第2位にはやや現実的なジュリア クアドリフォリオ。第3位はナシです。

M:うむ。100%理解した。

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。拡大
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」拡大
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」拡大
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。拡大
トヨタ ヴィッツ の中古車

モテないカーマニア的選択

M:軍曹へ私からの小さなアドバイスとしては、仮想通貨がドーンと来た場合、「マクラーレン720S」もなかなか良いぞ。

伊:さいですか。

M:アヴェンタに負けずドアは上に開くから、軍事的プレゼンスは負けていない。しかもアヴェンタよりかなりお安い。お買い得である!

伊:しかと承知しました。

M:では続いてマリオ二等兵。貴様のベスト3は何だ。

マリオ二等兵(以下 マ):はっ。第3位は「スイフトRS」の5段MTであります!

M:「スイフトスポーツ」ではなくRSか!?

マ:1.2リッターのNAエンジンですが、あの軽さを知ったらスイスポはいりません!

M:いかにもモテないカーマニア的なシブい選択だな。では第2位は?

マ:はっ。「レクサスLC」の5リッターV8モデルであります!

M:こっちは一転、富裕層的選択だが。

マ:純粋にクルマヲタとして、近年のレクサスの出来には「ビーエムいらないやんか」という思いを抱いておりますが、中でもLCのV8は音もすごく、これはもうトヨタにだまされてもいいのではないか!? と思ったであります!

M:だまされたくともカネはなかろうが。

マ:はっ。面目ありません。

M:では第1位は。

マ:はっ。「ヴィッツGRMN」であります!

M:なんと!

マ:ヴィッツに400万円出すなど狂気の沙汰と思っておりましたが、乗ったら死ぬほど良くてビックリしました!

「マクラーレン720S」
「マクラーレン720S」拡大
「スズキ・スイフトRS」
「スズキ・スイフトRS」拡大
「レクサスLC500」
「レクサスLC500」拡大
「トヨタ・ヴィッツGRMN」
「トヨタ・ヴィッツGRMN」拡大

スイスポは国民車!?

M:そうなのか!? 俺はそっちは未試乗だが、「ヴィッツGRスポーツ“GR”」1.5のCVTモデルに関しては、乗り心地が悪いだけで見た目もオタク臭満点、モテない上に何一つ面白みのない最悪の失敗作と断定したが。

伊:GRヴィッツ、モテない度に関しては即死級でしょう。

M:GRMNは、それをさらにオタク的に突き詰めた、究極のモテないカーではないか?

マ:モテない度はともかく、中身はただのGRとは全くの別物でして、WRカーをシロートにも乗れるようにしてくれたヲタ垂涎(すいぜん)の国宝カーだと感動いたしました!

M:そうなのか……。さすればいかにもモテないカーマニア的な第1位。アッパレだ!

マ:400万円という値札を付けて走りたいであります!

M:では最後に私のベスト3を発表しよう。3位が「シビック タイプR」。2位はアルファ・ロメオ・ジュリア全般。そして第1位はスイフトスポーツだ。

伊:スイスポがいいのはわかりますが、内装の赤がどうにも我慢できません。

M:いやぁ、あれは赤といっても「アルト ワークス」の赤の差し色と違い、オタク臭はない!

伊:さいですか?

M:あの黒と赤のグラデーションのセンスは、イタリアンの和風解釈と見る。その他あらゆる面から見て、スイスポはカーマニアからパンピーまで広くカバーできる傑作だ。国民車に推奨したい!

マ:賛成であります!

伊:賛成できかねます。

(語り=清水草一、伊達軍曹、マリオ二等兵/まとめ=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=大沢 遼)

「トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”」
「トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”」拡大
「ホンダ・シビック タイプR」
「ホンダ・シビック タイプR」拡大
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」拡大
「スズキ・スイフトスポーツ」
「スズキ・スイフトスポーツ」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ ヴィッツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。