第122回:合成音は是か非か

2019.02.05 カーマニア人間国宝への道

新世代スーパーカーの楽しみ方

ということで、懐かしのスポーツカー加速対決は、ウルトラ驚愕(きょうがく)の結果を残して終了した。20世紀製のスポーツカーは、今からすれば実に牧歌的な性能だったがゆえに、どっちが速いかが大事だし、今ごろになって対決する甲斐(かい)もあったのだ!

でも、「フェラーリ488GTB」と「マクラーレン720S」のどっちが速いかなんて、正直まったくどうでもいい。どっちも速すぎてどうにもならないので。

以前も書きましたが、オッパイは大きいほどいいってもんじゃない。限度というものがある。現代のスーパーカーはその限度を超えてしまった……。

こうなると、「もはやスーパーカーも、速さじゃないだろう」という考え方が出てくるのが自然だ。

でも、そんなスーパーカーあるのか?

一応あるのですね。

ひとつは、「ホンダS660」。もうひとつは、「BMW i8」だと、考えております。

S660については、実際購入もしましたし、すでにいろいろ書いてきましたが、速さじゃないと言いつつも、あまりにもエンジンに面白みがなく、チューニングも難しいということで、半年で手放してしまいました。

本当のホントに、速さは要らないと思って買ったんだけどなぁ。フィーリングだけでいいから、もうちょいエンジンが楽しければなぁ。そうすりゃ本当にすばらしい新世代スーパーカーなんだけど。

ホンダさん、足まわりとかはもういいから、S660のエンジンをなんとかしてください! パワーじゃなくフィーリングだけでいいので! NAにして1万回転までブチ回るようにするとか。ムリか。

フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
マクラーレン720S
マクラーレン720S拡大
筆者のかつての愛車「ホンダS660」(左)と「フェラーリ458イタリア」(右)。
筆者のかつての愛車「ホンダS660」(左)と「フェラーリ458イタリア」(右)。拡大
「ホンダS660」の開発責任者、椋本 陵氏と。
「ホンダS660」の開発責任者、椋本 陵氏と。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る