ポルシェが「パナメーラ」シリーズ誕生10周年記念「パナメーラ10イヤーエディション」を設定

2019.10.02 自動車ニュース
「パナメーラ4スポーツツーリスモ10イヤーエディション」(写真左)と「パナメーラ4 10イヤーエディション」(同右)。
「パナメーラ4スポーツツーリスモ10イヤーエディション」(写真左)と「パナメーラ4 10イヤーエディション」(同右)。拡大

独ポルシェは2019年10月2日(現地時間)、フラッグシップ4ドアモデル「パナメーラ」シリーズに、同車誕生10周年記念「パナメーラ10イヤーエディション」を設定すると発表した。

「パナメーラ10イヤーエディション」のインストゥルメントパネル。
「パナメーラ10イヤーエディション」のインストゥルメントパネル。拡大
「パナメーラ10イヤーエディション」専用となるホワイトゴールドメタリックの“Panamera10”ロゴ付き助手席トリムパネル。
「パナメーラ10イヤーエディション」専用となるホワイトゴールドメタリックの“Panamera10”ロゴ付き助手席トリムパネル。拡大
ホワイトゴールドメタリックの“Panamera10”ロゴがあしらわれたドアエントリーガード。
ホワイトゴールドメタリックの“Panamera10”ロゴがあしらわれたドアエントリーガード。拡大

今回発表された「パナメーラ10イヤーエディション」は、「パナメーラ4」および「パナメーラ4スポーツツーリスモ」と、「パナメーラ4 E-ハイブリッド」および「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」をベースに、特別なデザインや装備を有するアニバーサリーモデルに仕立てられている。

主な特別装備は以下の通り。

  • 21インチ パナメーラ スポーツデザインホイール(ホワイトゴールドメタリック<サテングロス>)
  • ホワイトゴールドメタリック“Panamera10”ロゴ付き助手席トリムパネル
  • ホワイトゴールドメタリック“Panamera10”ロゴ付きドアエントリーガード
  • ブラックパーシャルレザーインテリア(ホワイトゴールドデコレーティブステッチ付き)
  • LEDマトリックスヘッドライト(PDLS Plus含む)
  • レーンチェンジアシスト
  • レーンキープアシスト
  • サラウンドビュー付きパークアシスト
  • パノラミックルーフシステム
  • プライバシーガラス
  • 14ウェイコンフォートシート(ヘッドレストのポルシェクレストとヒーター付き)
  • ソフトクローズドア
  • BOSEサラウンドサウンドシステム

日本への導入時期や価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」のマイナーチェンジモデル登場 予約注文受け付けがスタート 2020.8.27 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年8月27日、マイナーチェンジした「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」の日本導入を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。国内販売モデルは、全車8段PDKの右ハンドル仕様となる。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
  • ポルシェが「パナメーラ」をマイナーチェンジ 高性能モデル「ターボS」「4S Eハイブリッド」登場 2020.8.26 自動車ニュース 独ポルシェは2020年8月26日(現地時間)、「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。本国では同年10月中旬に販売がスタート。日本への導入時期や価格は追って発表される見込み。
ホームへ戻る