東京モーターショー2019

“アルヴェル”より大きなピープルムーバー「トヨタ・グランエース」登場【東京モーターショー2019】

2019.10.08 自動車ニュース
トヨタ・グランエース(写真はすべて6人乗り仕様)
トヨタ・グランエース(写真はすべて6人乗り仕様)拡大

トヨタ自動車は2019年10月8日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表した。同モデルは東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)のトヨタ車体ブースにおいて展示され、年内にも発売される見込み。

全長は5300mm。「アルファード」や「ヴェルファイア」と比べた場合、前後長は35cm以上長い。


	全長は5300mm。「アルファード」や「ヴェルファイア」と比べた場合、前後長は35cm以上長い。
	拡大
全車、2列目にはオットマン機能付きのキャプテンシート(写真)が装着される。
全車、2列目にはオットマン機能付きのキャプテンシート(写真)が装着される。拡大
6人乗り仕様車は、3列目もオットマン機能付きのキャプテンシートとなる。8人乗り仕様車の3列目は手動式。
6人乗り仕様車は、3列目もオットマン機能付きのキャプテンシートとなる。8人乗り仕様車の3列目は手動式。拡大
6人乗り仕様車の荷室。積載容量はシートを前後スライドすることで調節する。
6人乗り仕様車の荷室。積載容量はシートを前後スライドすることで調節する。拡大
前席周辺の様子。金属調加飾や木目調のパネルで高級感が演出される。
前席周辺の様子。金属調加飾や木目調のパネルで高級感が演出される。拡大
前輪の切れ角は45度。小回り性の高さもセリングポイントとなっている。
前輪の切れ角は45度。小回り性の高さもセリングポイントとなっている。拡大

グランエースは、上質かつ快適な移動空間を提供するという大型ワゴン。専用のプラットフォームを持つ完全新設計モデルで、「アルファード」「ヴェルファイア」といったフルサイズミニバンを超える多人数乗用車へのニーズに対応する。海外でライバルと目されるのは「メルセデス・ベンツVクラス」。国内では、宿泊業・観光業における送迎や要人の移動を主とする新規顧客の開拓が期待されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5300×1970×1990mmで、ホイールベースは3210mm。押し出し感と高級感を演出する大型ラジエーターグリルが特徴で、ルーフ前方には通信用のアンテナが装着される。

室内のレイアウトは、3列6人乗り仕様と4列8人乗り仕様(ともに各列2人ずつ着座)の2タイプとなっている。6人乗り仕様の2-3列目には本革仕立ての大型専用キャプテンシートが装着され、8人乗り仕様では、3列目が手動式キャプテンシートとなるほか、チップアップ機能付きのやや小ぶりな4列目シートが装着される。フルサイズのキャプテンシートにはロングスライド機構やオットマン機能が備わるなど、快適性や利便性が追求されている。

パワーユニットは2.8リッターのクリーンディーゼル「1GD」のみで、駆動方式はFR。リアの足まわりには新開発のトレーリングリンク車軸式サスペンションが採用されており、徹底した防振・遮音対策と相まって、高級ワゴンにふさわしい乗り心地を実現したという。

安全面については、歩行者(昼夜)や自転車(昼間)を検知対象とした先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。スマートフォンとの連携機能を持つディスプレイオーディオも備わる。

正式な発売日や価格は、現時点では明らかにされていない。

(webCG)

関連キーワード:
グランエース, トヨタ, 東京モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る