日産の新社長兼CEOに内田 誠氏が内定 商社出身のリーダーによる新体制発足へ

2019.10.09 自動車ニュース

日産自動車は2019年10月8日、取締役会を開催し、現専務執行役員で東風汽車有限公司総裁である内田 誠氏(53歳)を、代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に任命することを決議したと発表した。

これまで日産のCEOは西川廣人氏が務めてきたが、過去に報酬を不当に上乗せして受け取っていたことが判明し、2019年9月16日付けで同職を辞任。以降は山内康裕代表執行役がCEOを代行している。

新社長兼CEOに内定した内田氏は、大手総合商社である日商岩井(現双日)から2003年に日産へ転職。2016年に同社執行役員となり、2018年に現役職である東風汽車有限公司総裁に就任している。

また今回の取締役会では、現三菱自動車工業最高執行責任者(COO)のアシュワニ・グプタ氏(49歳)を代表執行役兼最高執行責任者(COO)に迎え、また専務執行役員の関 潤氏(58歳)を執行役副COOに任命することも決議された。日産ではこれらの新人事について、遅くとも2020年1月1日付けの発令を目指すとしている。

今回の新体制任命について、木村 康取締役会議長は「取締役会として、内田氏が今後の日産事業を前進させるのにふさわしいリーダーであると判断した。選考にあたっては、6月に移行した指名委員会等設置会社の新たなガバナンス体制のもと、指名委員会のリードによって、徹底したプロセスの下、入念に候補者の審査を行った。内田氏の強いリーダーシップによる新体制のもと、早期業績回復と新しい日産の再建に全社一丸となって取り組んでいただきたい」とコメントしている。

(webCG)

日産自動車の新社長兼CEOに内定した内田 誠氏。
日産自動車の新社長兼CEOに内定した内田 誠氏。拡大

関連キーワード:
日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事