「ポルシェ・タイカン」のエントリーグレード「4S」登場 一充電あたりの航続可能距離がシリーズ最長の463kmに

2019.10.15 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン4S
ポルシェ・タイカン4S拡大

独ポルシェは2019年10月14日(現地時間)、新型EV「タイカン4S」を発表した。先に登場した「タイカン」シリーズの「ターボ」「ターボS」に続く3番目のラインナップで、タイカン4Sはエントリーモデルという位置付けになる。

サッシュレスの4ドアデザインが採用されたポルシェ初のEV「タイカン」シリーズ。
サッシュレスの4ドアデザインが採用されたポルシェ初のEV「タイカン」シリーズ。拡大
「タイカン4S」はインテリア素材にパーシャルレザーを用いている。
「タイカン4S」はインテリア素材にパーシャルレザーを用いている。拡大
「タイカン4S」の追加により、同車は3モデルのラインナップとなった。
「タイカン4S」の追加により、同車は3モデルのラインナップとなった。拡大

今回発表されたタイカン4Sには標準で最高出力530PS、一充電あたりの航続距離407km(WLTPに準拠)を実現する総容量79.2kWhの「パフォーマンスバッテリー」を搭載。ターボ、ターボSに搭載される総容量93.4kWhの「パフォーマンスバッテリープラス」もオプション装着が可能で、同バッテリーを搭載した場合には最高出力571PS、一充電あたりの航続距離463km(WLTPに準拠)となる。

パフォーマンスバッテリーおよびパフォーマンスバッテリープラスのどちらを搭載した場合でも、0-100km/h加速タイム4.0秒、最高速250km/hという実力を披露するという。

エクステリアでは、フロント中央下部に開口部を有するフロントエプロンや、ブラック仕上げのサイドシルとリアディフューザー、19インチの「タイカンSエアロホイール」とレッドに塗装されたブレーキキャリパーなどの採用により、前述の2モデルと差異化を図っている。

インテリアでは、パーシャルレザーの内装と8ウェイ電動調節機能を備えたフロントコンフォートシート、ダッシュボード中央に10.9インチインフォテインメントディスプレイを標準装備し、パッセンジャーディスプレイをオプションで用意する。

日本への導入時期や価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)【海外試乗記】 2020.4.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」の国内価格発表 2020.6.8 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月5日、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」の国内価格を発表した。「4S」「ターボ」「ターボS」の3モデルをラインナップし、価格は1448万1000円~2454万1000円。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
  • ポルシェ・タイカン4S(4WD)【海外試乗記】 2019.12.13 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に、新たなエントリーグレード「4S」が加えられた。試乗のために筆者が降り立ったのは、北欧はフィンランド北部の北極圏! やはりポルシェ、クルマの出来栄えのみならず、試乗の舞台にも“究極”を求めるのだった。
ホームへ戻る