「ポルシェ・タイカン」のエントリーグレード「4S」登場 一充電あたりの航続可能距離がシリーズ最長の463kmに

2019.10.15 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン4S
ポルシェ・タイカン4S拡大

独ポルシェは2019年10月14日(現地時間)、新型EV「タイカン4S」を発表した。先に登場した「タイカン」シリーズの「ターボ」「ターボS」に続く3番目のラインナップで、タイカン4Sはエントリーモデルという位置付けになる。

サッシュレスの4ドアデザインが採用されたポルシェ初のEV「タイカン」シリーズ。
サッシュレスの4ドアデザインが採用されたポルシェ初のEV「タイカン」シリーズ。拡大
「タイカン4S」はインテリア素材にパーシャルレザーを用いている。
「タイカン4S」はインテリア素材にパーシャルレザーを用いている。拡大
「タイカン4S」の追加により、同車は3モデルのラインナップとなった。
「タイカン4S」の追加により、同車は3モデルのラインナップとなった。拡大

今回発表されたタイカン4Sには標準で最高出力530PS、一充電あたりの航続距離407km(WLTPに準拠)を実現する総容量79.2kWhの「パフォーマンスバッテリー」を搭載。ターボ、ターボSに搭載される総容量93.4kWhの「パフォーマンスバッテリープラス」もオプション装着が可能で、同バッテリーを搭載した場合には最高出力571PS、一充電あたりの航続距離463km(WLTPに準拠)となる。

パフォーマンスバッテリーおよびパフォーマンスバッテリープラスのどちらを搭載した場合でも、0-100km/h加速タイム4.0秒、最高速250km/hという実力を披露するという。

エクステリアでは、フロント中央下部に開口部を有するフロントエプロンや、ブラック仕上げのサイドシルとリアディフューザー、19インチの「タイカンSエアロホイール」とレッドに塗装されたブレーキキャリパーなどの採用により、前述の2モデルと差異化を図っている。

インテリアでは、パーシャルレザーの内装と8ウェイ電動調節機能を備えたフロントコンフォートシート、ダッシュボード中央に10.9インチインフォテインメントディスプレイを標準装備し、パッセンジャーディスプレイをオプションで用意する。

日本への導入時期や価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • 第199回:タイカン ターボで電費アタック 2021.2.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。EVの本分は地球環境を守ること。そう、ウルトラマンと同じである。しかし、今回紹介するのはバカデカいバッテリーを積んだハイパフォーマンスEV「ポルシェ・タイカン」。これはウルトラマンというより、もはや怪獣だ!
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る