東京モーターショー2019

グッドイヤーが3種類のコンセプトタイヤを出展 未来へ向けた取り組みをアピール【東京モーターショー2019】

2019.10.16 自動車ニュース
東京モーターショー2019におけるグッドイヤーのブースイメージ。
東京モーターショー2019におけるグッドイヤーのブースイメージ。拡大

日本グッドイヤーは2019年10月16日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)の出展概要を発表した。

グッドイヤー エアロ
グッドイヤー エアロ拡大
グッドイヤー オキシジェン
グッドイヤー オキシジェン拡大

今回、グッドイヤーは「“Freedom to Move” – モビリティの未来はもっと自由だ」というテーマのもとにブースを出展。もっと自由で、もっと多様なモビリティーへの新たな取り組みを、未来へ向けたコンセプトタイヤの展示などを通して紹介するとしている。

主な展示は以下の通り。

【レクサスEVコンセプトカー装着グッドイヤーコンセプトタイヤ】(世界初公開)
東京モーターショー2019でレクサスが世界初公開する、電気自動車のコンセプトモデルに装着されるコンセプトタイヤ。空気力学を取り入れて開発したトレッドデザインとタイヤの断面形状を採用。車体側のトレッド部分に施された、ビロード状の微細な毛で覆われたフクロウの羽のような先進的フィンが、効果的な空気の流れをつくり、EVモーターを冷却する。

【グッドイヤー エアロ】(日本初公開)
2019年のジュネーブモーターショーで発表された、“空飛ぶ自動車”用に設計されたコンセプトタイヤ。「ツーインワンタイヤ」をコンセプトに、地上を走るためのタイヤとしても、空を飛ぶためのプロペラとしても機能。タイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間および車両とインフラ間とで伝達される情報を組み合わせるAIプロセッサーを備えており、一連のデータの分析を通し、車両が飛行モード/運転モードに切り替わることを可能にしている。

【グッドイヤー オキシジェン】(日本初公開)
2018年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトタイヤ。サイドウオール内にコケを生息させており、路面から吸収した水滴や水分を供給して光合成を行わせ、空気中に酸素を放出する。リサイクルタイヤのゴムパウダーを3D印刷した、軽量で衝撃吸収性のあるエアレス構造も特徴で、高い耐久性、寿命を延ばすためのパンクフリーソリューションなども実現している。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー, タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事