ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾

2019.10.17 自動車ニュース
ボルボXC40リチャージ
ボルボXC40リチャージ拡大

スウェーデンのボルボ・カーズは2019年10月16日(現地時間)、電気自動車(EV)の「XC40 Recharge(リチャージ)」を発表した。

 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大

一充電走行可能距離は400km

XC40リチャージはボルボ初のEVであり、同社の新しい電動車製品群「リチャージ・カー・ラインナップ」の最初のモデルとなる。

ベースとなったのはコンパクトSUV「XC40」で、最高出力408hpを発生する電動4WDのパワートレインを搭載。一回の充電で400km(WLTCモード)の距離を走行可能で、急速充電システムを使えば、40分以内で容量の80%までバッテリーを充電できるという。

インフォテインメントシステムもグーグルのアンドロイド・オペレーティング・システム(Android OS)を採用した最新のものに刷新。このシステムはボルボの通信サービスプラットフォームである「ボルボ・オン・コール(Volvo On Call)」に完全に統合されているという。

2025年までに販売台数の半分をEVに

ボルボでは、2025年までに世界販売台数の50%をEVが占めるよう、今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、それ以外の車両はハイブリッド車にすることを目指すとしている。「再充電」を意味するモデル名「リチャージ」は、外部充電が可能なEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)を表す総称となり、コンパクトSUVのXC40から「60」シリーズ、大型SUVの「XC90」に至るまで、すべてのモデルにリチャージ・カー・ラインナップを設定するとしている。

また、今後予想されるリチャージ・モデルの需要増に対応するため、電動モデルの生産能力を3倍に増強。まずは2020年の総販売台数の20%をPHEVが占めることを目指すとしている。

(webCG)

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • 第6回:ボルボXC40(後編) 2018.10.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 好評を博す「ボルボXC40」の造形について、全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。実用性を犠牲にした部分に関しては、疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところがあったようだ。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る