ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾

2019.10.17 自動車ニュース
ボルボXC40リチャージ
ボルボXC40リチャージ拡大

スウェーデンのボルボ・カーズは2019年10月16日(現地時間)、電気自動車(EV)の「XC40 Recharge(リチャージ)」を発表した。

 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大
 
ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾の画像拡大

一充電走行可能距離は400km

XC40リチャージはボルボ初のEVであり、同社の新しい電動車製品群「リチャージ・カー・ラインナップ」の最初のモデルとなる。

ベースとなったのはコンパクトSUV「XC40」で、最高出力408hpを発生する電動4WDのパワートレインを搭載。一回の充電で400km(WLTCモード)の距離を走行可能で、急速充電システムを使えば、40分以内で容量の80%までバッテリーを充電できるという。

インフォテインメントシステムもグーグルのアンドロイド・オペレーティング・システム(Android OS)を採用した最新のものに刷新。このシステムはボルボの通信サービスプラットフォームである「ボルボ・オン・コール(Volvo On Call)」に完全に統合されているという。

2025年までに販売台数の半分をEVに

ボルボでは、2025年までに世界販売台数の50%をEVが占めるよう、今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、それ以外の車両はハイブリッド車にすることを目指すとしている。「再充電」を意味するモデル名「リチャージ」は、外部充電が可能なEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)を表す総称となり、コンパクトSUVのXC40から「60」シリーズ、大型SUVの「XC90」に至るまで、すべてのモデルにリチャージ・カー・ラインナップを設定するとしている。

また、今後予想されるリチャージ・モデルの需要増に対応するため、電動モデルの生産能力を3倍に増強。まずは2020年の総販売台数の20%をPHEVが占めることを目指すとしている。

(webCG)

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 新型「レクサスNX」のデビューが2021年6月12日に決定 2021.6.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年6月2日、レクサスブランドのSUV「NX」の新型モデルを同年6月12日に世界初披露すると予告した。発表に先立って、テールゲートと思われるデザインの一部が公開されている。
  • ボルボV90 2016.2.29 画像・写真 スウェーデンのボルボはジュネーブショー2016で、新型ワゴン「V90」を世界初公開する。 パワーユニットには、約410psを生み出し、同時に約50kmのEV走行が可能な「T8ツインエンジン」ガソリンプラグインハイブリッドも含まれる予定。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る