「レガシィ」にスポーティで安全な新グレード

2011.06.14 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」にスポーティで安全な新グレード追加

富士重工業は、「スバル・レガシィツーリングワゴン/レガシィB4」に、新グレード「2.5i EyeSight Sパッケージ」「2.5GT EyeSight Sパッケージ」を設定し、2011年6月14日に発売した。

「EyeSight Sパッケージ」は、走行性能だけでなく、安全性能をも高めたという、いわば“全部入りのレガシィ”。
ビルシュタイン製のダンパーや18インチアルミホイールなどを備える「レガシィツーリングワゴン/B4」のスポーティグレード「2.5i Sパッケージ」「2.5GT Sパッケージ」に、ステレオカメラを使って前方の衝突被害を回避、または軽減する安全装備「EyeSight」が組み合わされたグレードだ。

「EyeSight」そのものも、ステレオカメラの認識性能や制御ソフトのレベルアップが図られて、プリクラッシュブレーキやクルーズコントロールの動作がより滑らかに。
リアサスペンションに新たにピロボールブッシュが採用され、フロントスタビライザー取り付け部のブッシュが変更されるといった、「レガシィ」シリーズ全般にわたる“年次改良”も盛り込まれている。

価格は、以下のとおり。それぞれ、ベースモデルより10万5000円高となる。

・レガシィツーリングワゴン 
2.5i EyeSight Sパッケージ:308万7000円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:359万1000円

・レガシィB4
2.5i EyeSight Sパッケージ:292万9500円
2.5GT EyeSight Sパッケージ:343万3500円

(webCG 関)

「レガシィツーリングワゴン 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
「レガシィツーリングワゴン 2.5GT EyeSight Sパッケージ」 拡大
「レガシィB4 2.5GT EyeSight Sパッケージ」
「レガシィB4 2.5GT EyeSight Sパッケージ」 拡大

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィツーリングワゴン , スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルが新型「レヴォーグ」の概要を公開 2020年10月15日に正式発表 2020.8.20 自動車ニュース スバルは2020年8月20日、2代目となる新型「スバル・レヴォーグ」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。今回のモデルチェンジでは、車体からパワートレイン、運転支援システムに至るまで大幅に手が入れられている。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
ホームへ戻る