トヨタの小型車づくりに異状あり!? 入魂の新作・4代目「ヤリス」はここに注目

2019.10.25 デイリーコラム

初物尽くしの意欲作

トヨタの新型Bセグメントコンパクトカーは、以前からいわれていたとおり、日本でも「ヴィッツ」あらため「ヤリス」という海外との統一車名で売られることが公式に発表された。

これに先立って北米向けヤリスが「マツダ2」と顔ちがいのOEM商品として発売されていたから、情報が混乱した向きもあるようだ。あのマツダ製ヤリスはあくまで“大量販売を見込めない北米向けコンパクトカーの現地調達”というトヨタのメリットと“メキシコ工場の稼働率向上”というマツダ側の悲願が合致して生まれた地域限定商品である。

というわけで、Bセグメントの主要マーケットである日本や欧州で販売される大本命のヤリスは、当然のごとく、こうして自社開発のニューモデルとして姿をあらわした。前身となった3代目ヴィッツは最終的に約9年という異例の長寿モデルとなってしまったが、一説には幻の4代目ヴィッツの企画が2017年前後の発売に向けて進んでいた時期もあったとか。しかし、そのさなかにトヨタの商品技術戦略が「TNGA」を核に見直されたことで、非TNGAだった同企画は白紙撤回。TNGA全面採用であらためてゼロから開発されたのが今回のヤリス……とのウワサもある。

その真偽はともかく、新型ヤリスがトヨタ最新技術フル投入の歴史的意欲作であることは事実だ。プラットフォーム、エンジン、ハイブリッド、変速機……のほぼすべてが白紙開発である。唯一、日本では主にフリート需要が想定される1リッターエンジン(とそれ用のCVT)のみが従来改良型という。

将来的にはヤリスのみならず「カローラ」にも搭載が期待される1.5リッターエンジンも、ついに新開発のダイナミックフォースとなった。それは世界トレンドに沿った3気筒であり、純エンジン仕様車は直噴でバランスシャフトも内蔵される。対するハイブリッド用も基本は同系列のエンジンだが、アイドリング運転はほとんどしないのでバランスシャフトはなく、さらに“ハイブリッドなら今のところ不要”との判断で直噴システムも省かれる。この辺はいかにも巧妙なつくり分けである。

そのほか、交差点対応の緊急自動ブレーキや「日産リーフ」に次ぐ自動パーキングシステムなど先進安全運転支援にも見どころは多いが、新型ヤリスの細部については、2020年2月という国内発売に向けて各メディアや諸先生方がたっぷり解説してくれることと思う。

2019年10月16日に世界初公開された新型「トヨタ・ヤリス」。これまで「ヴィッツ」名で扱われてきた日本国内でも、ヤリスと呼ばれるようになる。
2019年10月16日に世界初公開された新型「トヨタ・ヤリス」。これまで「ヴィッツ」名で扱われてきた日本国内でも、ヤリスと呼ばれるようになる。拡大
「ヤリス」と吉田守孝トヨタ自動車副社長のツーショット。新型の開発にあたっては、コンパクトカーだからと割り切らず、「ここから変えていく」の理念でクラスレスなクルマづくりを実践したという。
「ヤリス」と吉田守孝トヨタ自動車副社長のツーショット。新型の開発にあたっては、コンパクトカーだからと割り切らず、「ここから変えていく」の理念でクラスレスなクルマづくりを実践したという。拡大
ハイブリッド車用の1.5リッター直3エンジン。基本はノンハイブリッドの1.5リッターモデルと同じだが、バランスシャフトの有無と燃料の噴射方式が相違点。
ハイブリッド車用の1.5リッター直3エンジン。基本はノンハイブリッドの1.5リッターモデルと同じだが、バランスシャフトの有無と燃料の噴射方式が相違点。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る