ヨコハマのオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」の全国販売がスタート

2019.10.30 自動車ニュース

横浜ゴムは、乗用車用オールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21(フォーエス エーダブリュー21)」の本格販売を2020年1月9日に開始すると発表した。

ヨコハマ・ブルーアース4S AW21は優れた雪上性能とウエット性能を両立するとともに、ドライ性能および耐摩耗性能を確保したとうたわれるオールシーズンタイヤだ。2018年11月から一部地域で試行販売が実施されていた。

センター部から左右斜め方向に広がるV字ダイバージェントグルーブの方向性パターンを取り入れることで排水性を高めたほか、交差するクロスグルーブが雪上性能に貢献。接地面積の確保に有効な幅広トレッドや大型ショルダーブロックによってドライ路面における操縦安定性を高めた。さらに、コンパウンドにはシリカを配合してウエット性能を向上し、末端変性ポリマーの配合によって雪上性能を高めている。

サイドウオールには国際基準で定められたシビアスノータイヤ条件に適合した証しである「スノーフレークマーク」が打刻されており、チェーン規制時でも走行可能なタイヤとして認められている。

175/65R14~225/55R19までの全19サイズ展開で、価格はオープン。

ヨコハマ・ブルーアース4S AW21は第46回東京モーターショー2019(会期:11月4日まで)の横浜ゴムブースに展示されている。

(webCG)

ヨコハマ・ブルーアース4S AW21
ヨコハマ・ブルーアース4S AW21拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事