ダイハツから新型SUV「ロッキー」登場 全長4mを切るコンパクトなニューモデル

2019.11.05 自動車ニュース
ダイハツ・ロッキーG
ダイハツ・ロッキーG拡大

ダイハツ工業は2019年11月5日、新型コンパクトSUV「ロッキー」を発表し、同日販売を開始した。

「ロッキー」は軽乗用車「タント」に続く、“DNGA世代”のモデルの第2弾にあたる。
「ロッキー」は軽乗用車「タント」に続く、“DNGA世代”のモデルの第2弾にあたる。拡大
5ナンバー枠に収まるコンパクトなボディーながら、十分な車内空間を実現している。
5ナンバー枠に収まるコンパクトなボディーながら、十分な車内空間を実現している。拡大
「G」グレードのインストゥルメントパネルまわり。
「G」グレードのインストゥルメントパネルまわり。拡大
「G」「X」の両グレードでは、インテリアに赤いアクセントが施される。
「G」「X」の両グレードでは、インテリアに赤いアクセントが施される。拡大
ラゲッジルームの容量は369リッター。
ラゲッジルームの容量は369リッター。拡大
FF車には容量80リッターの床下収納も備わる。
FF車には容量80リッターの床下収納も備わる。拡大
コンパクトなボディーと良好な視界がかなえる取り回しのしやすさが特徴として挙げられている。
コンパクトなボディーと良好な視界がかなえる取り回しのしやすさが特徴として挙げられている。拡大
メーターパネルはフルデジタルで、インフォメーションディスプレイには4種類の表示デザインが用意される。
メーターパネルはフルデジタルで、インフォメーションディスプレイには4種類の表示デザインが用意される。拡大
オプションの9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ。
オプションの9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ。拡大
4WDシステムには前輪駆動をベースに多板クラッチ式の電子制御カップリングを用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」が採用される。
4WDシステムには前輪駆動をベースに多板クラッチ式の電子制御カップリングを用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」が採用される。拡大
ボディーカラーは3つのツートンルーフ仕様を含む全11種類となっている。
ボディーカラーは3つのツートンルーフ仕様を含む全11種類となっている。拡大

DNGAの第2弾は5ナンバーサイズの小型SUV

ロッキーは、ダイハツの新しいクルマづくりのコンセプト「DNGA」に基づいて開発された、5ナンバーサイズの新型SUVである。ダイハツの、いわゆる“DNGA世代”のモデルとしては、2019年7月に登場した現行型「タント」に次ぐ第2弾、登録車としてはこれが初のモデルとなる。

開発コンセプトは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」というもので、レジャーから買い物などの普段使いまで、幅広いシーンで活躍できることを重視。全長×全幅×全高=3995×1695×1620mm、ホイールベース=2525mmというコンパクトなサイズでありながら、新設計のプラットフォームにより広い車内空間を実現しているという。

特に後席には、900mmのカップルディスタンスを確保するなどしてゆとりある空間を確保。ラゲッジルームも最大荷室長755mm、最大容量369リッター(VDA計測値)という広さで、さらに容量80リッター(FF車)の床下収納を持ち、床面の高さを2段階で調整できるデッキボードを備えるなどして高い実用性を実現している。

運転のしやすさも特徴として挙げられており、16インチタイヤで4.9m、大径の17インチタイヤでも5mという小さな最小回転半径を実現。665mmという高いヒップポイントや、31°の上下視界(仰角+俯角)、車両の左右前端を見やすくするフロントフードの形状などを通して、見晴らしがよく、安心して車両を操作できる運転環境が追求されている。

充実した運転支援システムとオプションのコネクテッド機能

運転支援システムも充実しており、自動緊急ブレーキや車線逸脱抑制制御、前後誤発進抑制制御などの機能からなる「スマートアシスト」を全車に標準装備。上級グレードの「G」「プレミアム」には、全車速対応型アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどからなる「スマートアシストプラス」も搭載されており、特にこちらに含まれる車両後側方警戒機能「ブラインドスポットモニター」「リアクロストラフィックアラート」は、このモデルで初採用の機能となっている。

コネクテッド関連の新しい試みもロッキーの特徴で、事故や故障の際に迅速にコールセンターにつながる「つないでサポート」や、駐車位置情報やガソリン残量などを携帯端末で確認できる「見えるマイカー」などからなる「ダイハツコネクトサービス」、および車内で使用可能なWi-Fiサービス「ダイハツWi-Fi」をオプションとして新設定。これらのサービスは、オプション装備の9インチスマホ連携ディスプレイオーディオや純正カーナビゲーションの購入者を対象に提供されるもので、「『つながる安心』と『快適・便利』を提供する新しいサービス」と紹介されている。

新世代のプラットフォームで走りのよさと快適性を追求

走行性能に関しては、DNGA世代の新プラットフォームの採用を通して、高い操縦安定性と快適な乗り心地が追求されている。

ボディーやシャシーについては、スムーズなフレームの通し方や、理想的な足まわりの設計を優先した取り付け部の構造などの考え方をタントから踏襲しつつ、サイズを登録車向けに拡大。部材の構造断点をなくし、ハイテン材を積極的に取り入れるなどして軽量・高剛性な車体を実現している。

エンジンはコンパクトハイトワゴン「トール」にも搭載される1リッター直3ガソリンターボで、98PS(72kW)/6000rpmの最高出力と140N・m(14.3kgf・m)/2400-4000rpmの最大トルクを発生。トランスミッションにはCVTと遊星歯車による協調変速を特徴とする「D-CVT」を採用しており、2.8~0.425という広い変速比幅とも相まって、FF車で22.8~23.4km/リッター、4WD車で21.2km/リッターという燃費性能を実現している(JC08モード、WLTCモードではFF車で18.6km/リッター、4WD車で17.4km/リッター)。

また、4WD車の駆動システムには新開発の「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。これは前輪駆動をベースに多板クラッチ式の電子制御カップリングで後軸へと駆動力を伝達するもので、ECUによってきめ細やかな前後軸間のトルク配分を実現しているという。このほかにも、4WD車のリアの足まわりにはFF車と同じトーションビーム式のサスペンションを採用。乗り心地の改善や操縦安定性の向上、低床化による室内空間の拡大に寄与しているという。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • L:170万5000円(FF)/194万4800円(4WD)
  • X:184万8000円(FF)/208万6700円(4WD)
  • G:200万2000円(FF)/222万4200円(4WD)
  • プレミアム:220万円(FF)/242万2200円(4WD)

生産を担うのはダイハツの滋賀(竜王)工場。販売目標は月間2000台となっている。

(webCG)

◆「ダイハツ・ロッキー」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ロッキー, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る