スタイリッシュな外観と充実装備が特徴 アウディの「Q2」と「A3」に限定車

2019.11.19 自動車ニュース
アウディQ2 ♯コントラストスタイリング
アウディQ2 ♯コントラストスタイリング拡大

アウディ ジャパンは2019年11月19日、「Q2」および「A3」に特別仕様車「Q2 ♯コントラストスタイリング」と「A3ブラックスタイリング」をそれぞれ設定し、前者が375台、後者が625台(「スポーツバック」が375台/「セダン」が250台)の台数限定で販売を開始した。

 
スタイリッシュな外観と充実装備が特徴 アウディの「Q2」と「A3」に限定車の画像拡大
A3ブラックスタイリング
A3ブラックスタイリング拡大
「A3ブラックスタイリング」の前席には赤のアクセントがあしらわれる。
「A3ブラックスタイリング」の前席には赤のアクセントがあしらわれる。拡大
「Q2 ♯コントラストスタイリング」「A3ブラックスタイリング」ともバーチャルコックピットを装備する。
「Q2 ♯コントラストスタイリング」「A3ブラックスタイリング」ともバーチャルコックピットを装備する。拡大

今回発売された特別仕様車はいずれもスタイリッシュな外観と充実の装備が自慢とされており、Q2 ♯コントラストスタイリングは1リッター直3直噴ターボエンジン(最高出力116PS/最大トルク200N・m)搭載モデルが、A3ブラックスタイリングは1.4リッター直4直噴エンジン(同122PS/同200N・m)搭載モデルがそれぞれベースとなっている。

Q2 ♯コントラストスタイリングはグレーのバンパーとホイールアーチ、サイドスカートと、5アームオフロードスタイルの18インチアルミホイールでSUVらしいタフさを演出。機能面ではナビゲーションパッケージとアシスタンスパッケージ、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットを装備した。

ボディーカラーは「クワンタムグレー」「グレイシアホワイトメタリック」「タンゴレッドメタリック」「マコウブルークリスタルエフェクト」の全4色展開で、価格は467万円(マコウブルークリスタルエフェクトは472万円)。

一方のA3ブラックスタイリングはシングルフレームグリルとドアミラー、ルーフレール(スポーツバックのみ)をブラック塗装とし、足元には18インチホイールを、前席のスポーツシートには赤のアクセントラインをあしらうことでスポーティーさを表現。LEDライトパッケージやナビゲーションパッケージ、アシスタントパッケージ、バーチャルコックピットなどを採用し、機能強化を図った。

価格はスポーツバックが435万円で、セダンが454万円。

(webCG)

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, Q2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
ホームへ戻る