三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準に

2019.11.21 自動車ニュース
三菱デリカD:5 P
三菱デリカD:5 P拡大

三菱自動車は2019年11月21日、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、販売を開始した。

 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準にの画像拡大
 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準にの画像拡大

今回は機能装備の強化に加えて、グレード体系の見直しを図った。

機能装備については、予防安全技術パッケージ「e-Assist」に誤発進抑制機能(前進時)を追加。また、助手席側のドアと連動して自動で展開・収納する電動サイドステップを標準装備とした(「G」および「M」グレードを除く)

デリカD:5アーバンギアには新たな最上級グレードとなる「Pエディション」を追加設定。従来の最上級グレード「Gパワーパッケージ」をベースに後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)と後退時車両検知警報システム、自動防げんルームミラー(マルチアラウンドモニター付き)を標準装備とした(すべてGパワーパッケージではオプション)。

ラインナップと価格は以下の通り。

【デリカD:5】

  • M:391万3800円
  • G:401万5000円
  • Gパワーパッケージ:423万5000円
  • P:437万1400円

【デリカD:5アーバンギア】

  • G:414万2600円
  • Gパワーパッケージ:436万2600円
  • Pエディション:447万2600円

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る