三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準に

2019.11.21 自動車ニュース
三菱デリカD:5 P
三菱デリカD:5 P拡大

三菱自動車は2019年11月21日、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、販売を開始した。

 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準にの画像拡大
 
三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準にの画像拡大

今回は機能装備の強化に加えて、グレード体系の見直しを図った。

機能装備については、予防安全技術パッケージ「e-Assist」に誤発進抑制機能(前進時)を追加。また、助手席側のドアと連動して自動で展開・収納する電動サイドステップを標準装備とした(「G」および「M」グレードを除く)

デリカD:5アーバンギアには新たな最上級グレードとなる「Pエディション」を追加設定。従来の最上級グレード「Gパワーパッケージ」をベースに後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)と後退時車両検知警報システム、自動防げんルームミラー(マルチアラウンドモニター付き)を標準装備とした(すべてGパワーパッケージではオプション)。

ラインナップと価格は以下の通り。

【デリカD:5】

  • M:391万3800円
  • G:401万5000円
  • Gパワーパッケージ:423万5000円
  • P:437万1400円

【デリカD:5アーバンギア】

  • G:414万2600円
  • Gパワーパッケージ:436万2600円
  • Pエディション:447万2600円

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
  • 第32回:三菱デリカD:5(後編) 2019.5.8 カーデザイナー明照寺彰の直言 「どうしても“ちぐはぐさ”が気になる」という明照寺彰と、「これぞ新しい“オラオラ系”だ!」と語る永福ランプの意見が衝突! 衝撃的なマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」のデザインが、連載史上最大の論争を巻き起こす。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク/ラングラー アンリミテッド ルビコン【試乗記】 2020.2.5 試乗記 フラッグシップSUV「グランドチェロキー」と、本格クロスカントリー「ラングラー アンリミテッド」。オフロードに強い2台のジープは、雪に覆われた北海道の道で、実力の違いを見せつけたのだった。
ホームへ戻る