新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー

2019.11.28 自動車ニュース
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR拡大

ルノー・ジャポンは2019年11月27日、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」の新型を、2020年1月に開催される自動車イベント「東京オートサロン2020」に出展すると発表した。

鈴鹿サーキットでタイムアタックに臨む、新型「メガーヌR.S.トロフィーR」。
鈴鹿サーキットでタイムアタックに臨む、新型「メガーヌR.S.トロフィーR」。拡大
日本仕様車のコックピット周辺部。ステアリングホイールやシートはスエード調の表皮で仕立てられる。
日本仕様車のコックピット周辺部。ステアリングホイールやシートはスエード調の表皮で仕立てられる。拡大
荷室側から見たキャビン。リアシートは取り除かれ、補強用のバーが取り付けられる。
荷室側から見たキャビン。リアシートは取り除かれ、補強用のバーが取り付けられる。拡大

一気に130kgもダイエット

世代交代したメガーヌR.S.のトップモデル、新型メガーヌR.S.トロフィーRがもうすぐ国内で正式にデビューする。

同モデルは、先行して発売された「メガーヌR.S.トロフィー」と同じ1.8リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載。ただし、130kgに及ぶ軽量化を実施することで、さらなるポテンシャルアップが図られている。

減量の目玉となるのは、4輪操舵システム「4コントロール」の不採用(およそ38kg減)と、デュアルクラッチ式6段AT「EDC」の6段MTへの変更(同35kg減)。さらにリアシートも取り除き(同25kg減)、アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステム、軽量・高剛性なカーボン製ボンネットおよびリアディフューザーを採用するなど、ハードコアなカスタマイズが施されている。

シャシー性能を高めるアイテムとして、16mmの車高調整機能を備えたオーリンズ製ダンパーやトルセンLSD、特大のブレンボ製ブレーキキャリパーなども装備。さらに、軽量・高剛性なカーボン製ホイールとカーボンセラミックのブレーキディスク(フロントのみ)がセットオプションとして用意される。

フロントには専用のフロントバンパーを装着。空力性能も高められている。
フロントには専用のフロントバンパーを装着。空力性能も高められている。拡大
ボンネットはカーボン製となる。(写真は持ち上げたボンネットの裏面)
ボンネットはカーボン製となる。(写真は持ち上げたボンネットの裏面)拡大

カーボンホイール装着車にもノーマルホイールは付与される。その重量差は、1本あたり約2kgと公表されている。


	カーボンホイール装着車にもノーマルホイールは付与される。その重量差は、1本あたり約2kgと公表されている。
	拡大
新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン氏。鈴鹿サーキットにおけるラップタイムを、先代よりも約3秒短縮してみせた。
新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン氏。鈴鹿サーキットにおけるラップタイムを、先代よりも約3秒短縮してみせた。拡大

鈴鹿のラップタイムを3秒短縮

ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、2019年4月に量産FF車の最速タイム(7分40秒100)を記録した、新型メガーヌR.S.トロフィーR。今回の導入予告に先立ち、同年11月26日には三重・鈴鹿サーキットでも、タイムアタックを実施している。

使用された車両は右ハンドルの日本仕様車で、ステアリングを握ったのはニュルブルクリンクでの計測と同様、ルノー・スポールのテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。同氏は先代モデルでも鈴鹿でタイム計測に臨んでいるが、今回は当時の2分28秒465よりも3秒速い、2分25秒454を記録した。

ウルゴン氏によれば、「パワーアップや軽量化といったパフォーマンスアップのおかげで確実に速くなっているものの、(メガーヌR.S.トロフィーRの)新型と旧型とでは、基本的なドライバビリティーに違いはない」とのこと。アドバイザーとして鈴鹿でのタイムアタックに参加したレーシングドライバー谷口信輝氏は「(新型は)人馬一体になれる、走りが楽しいクルマ。それが電子デバイス頼みでないことも特筆すべき点といえる」などとコメントしている。

新型メガーヌR.S.トロフィーRの販売台数は世界限定500台で、フランスでの価格は5万5000ユーロ(およそ663万円)。日本にはこのうち50台前後が割り当てられるものとみられる。トータル500台のうち30台は前述のカーボンホイール仕様で、その国内販売台数は不明だが、価格は標準的なメガーヌR.S.トロフィーRのおよそ200万円増しになるという。

(webCG)
 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る