新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー

2019.11.28 自動車ニュース
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR拡大

ルノー・ジャポンは2019年11月27日、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」の新型を、2020年1月に開催される自動車イベント「東京オートサロン2020」に出展すると発表した。

鈴鹿サーキットでタイムアタックに臨む、新型「メガーヌR.S.トロフィーR」。
鈴鹿サーキットでタイムアタックに臨む、新型「メガーヌR.S.トロフィーR」。拡大
日本仕様車のコックピット周辺部。ステアリングホイールやシートはスエード調の表皮で仕立てられる。
日本仕様車のコックピット周辺部。ステアリングホイールやシートはスエード調の表皮で仕立てられる。拡大
荷室側から見たキャビン。リアシートは取り除かれ、補強用のバーが取り付けられる。
荷室側から見たキャビン。リアシートは取り除かれ、補強用のバーが取り付けられる。拡大

一気に130kgもダイエット

世代交代したメガーヌR.S.のトップモデル、新型メガーヌR.S.トロフィーRがもうすぐ国内で正式にデビューする。

同モデルは、先行して発売された「メガーヌR.S.トロフィー」と同じ1.8リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載。ただし、130kgに及ぶ軽量化を実施することで、さらなるポテンシャルアップが図られている。

減量の目玉となるのは、4輪操舵システム「4コントロール」の不採用(およそ38kg減)と、デュアルクラッチ式6段AT「EDC」の6段MTへの変更(同35kg減)。さらにリアシートも取り除き(同25kg減)、アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステム、軽量・高剛性なカーボン製ボンネットおよびリアディフューザーを採用するなど、ハードコアなカスタマイズが施されている。

シャシー性能を高めるアイテムとして、16mmの車高調整機能を備えたオーリンズ製ダンパーやトルセンLSD、特大のブレンボ製ブレーキキャリパーなども装備。さらに、軽量・高剛性なカーボン製ホイールとカーボンセラミックのブレーキディスク(フロントのみ)がセットオプションとして用意される。

フロントには専用のフロントバンパーを装着。空力性能も高められている。
フロントには専用のフロントバンパーを装着。空力性能も高められている。拡大
ボンネットはカーボン製となる。(写真は持ち上げたボンネットの裏面)
ボンネットはカーボン製となる。(写真は持ち上げたボンネットの裏面)拡大

カーボンホイール装着車にもノーマルホイールは付与される。その重量差は、1本あたり約2kgと公表されている。


	カーボンホイール装着車にもノーマルホイールは付与される。その重量差は、1本あたり約2kgと公表されている。
	拡大
新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン氏。鈴鹿サーキットにおけるラップタイムを、先代よりも約3秒短縮してみせた。
新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、ルノー・スポールの“トップガン”ロラン・ウルゴン氏。鈴鹿サーキットにおけるラップタイムを、先代よりも約3秒短縮してみせた。拡大

鈴鹿のラップタイムを3秒短縮

ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、2019年4月に量産FF車の最速タイム(7分40秒100)を記録した、新型メガーヌR.S.トロフィーR。今回の導入予告に先立ち、同年11月26日には三重・鈴鹿サーキットでも、タイムアタックを実施している。

使用された車両は右ハンドルの日本仕様車で、ステアリングを握ったのはニュルブルクリンクでの計測と同様、ルノー・スポールのテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。同氏は先代モデルでも鈴鹿でタイム計測に臨んでいるが、今回は当時の2分28秒465よりも3秒速い、2分25秒454を記録した。

ウルゴン氏によれば、「パワーアップや軽量化といったパフォーマンスアップのおかげで確実に速くなっているものの、(メガーヌR.S.トロフィーRの)新型と旧型とでは、基本的なドライバビリティーに違いはない」とのこと。アドバイザーとして鈴鹿でのタイムアタックに参加したレーシングドライバー谷口信輝氏は「(新型は)人馬一体になれる、走りが楽しいクルマ。それが電子デバイス頼みでないことも特筆すべき点といえる」などとコメントしている。

新型メガーヌR.S.トロフィーRの販売台数は世界限定500台で、フランスでの価格は5万5000ユーロ(およそ663万円)。日本にはこのうち50台前後が割り当てられるものとみられる。トータル500台のうち30台は前述のカーボンホイール仕様で、その国内販売台数は不明だが、価格は標準的なメガーヌR.S.トロフィーRのおよそ200万円増しになるという。

(webCG)
 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • トヨタが「クルマの進化」まで提供するサービス発表 「GRヤリス」ベースの特別仕様車も設定 2021.6.7 自動車ニュース トヨタ自動車とKINTOは2021年6月7日、「人に寄り添って進化するクルマ」の提供に取り組むとともに、新製品「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」の取り扱いをKINTOを通じて開始したと発表した。
ホームへ戻る