キャデラックの5人乗りSUV「XT5」がマイナーチェンジ 9段ATを新たに採用

2019.12.03 自動車ニュース
キャデラックXT5
キャデラックXT5拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年12月3日、キャデラックブランドのSUV「XT5」をマイナーチェンジし、2020年1月1日に発売すると発表した。

「XT5」に設定されたスポーティーモデル「プラチナムスポーツ」。
「XT5」に設定されたスポーティーモデル「プラチナムスポーツ」。拡大
「XT5」のインストゥルメントパネル。
「XT5」のインストゥルメントパネル。拡大
「プラチナムスポーツ」のフロントシートにはベンチレーション機構も採用される。
「プラチナムスポーツ」のフロントシートにはベンチレーション機構も採用される。拡大

同車は、これまで「XT5クロスオーバー」として販売されていたモデルで、今回のマイナーチェンジに合わせ車名はXT5となった。

パワートレインでは、最高出力314PSの3.6リッターV6エンジンに変更はないが、組み合わされるトランスミッションが8段ATから9段ATに変更された。

快適装備の充実も改良型XT5のセリングポイントとされ、14個のスピーカーを搭載する「BOSE Performance Series Sound System」オーディオや、携帯端末との連携機能であるApple CarPlayやAndroid Autoを標準装備している。

ラインナップは、「インテリジェントAWD」が搭載される「プレミアム」と、「スポーツチューンドAWD」やアクティブダンピングサスにより走りが強化された「プラチナムスポーツ」の2モデル。

後者は、フロントグリルをはじめ各所にダークなカラーリングが施されているほか、アルミスポーツペダルやシフトパドルなどを装備。全席でシートヒーターを備え、フロントシートにはベンチレーション機構も採用されている。プレミアムと同様となるエマージェンシーブレーキシステム(フロント&リアオートマチックブレーキ/フロント&リア歩行者対応ブレーキ)やリアカメラミラーに加え、プラチナムスポーツではアダプティブクルーズコントロールも搭載する。

価格はXT5プレミアムが650万円で、プラチナムスポーツが785万円。

(webCG)

関連キーワード:
XT5クロスオーバー, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック XT5クロスオーバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • ニューヨークショー2018(キャデラック) 2018.4.12 画像・写真 米ゼネラルモーターズはニューヨークモーターショー2018の会場に、新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」や、フラッグシップセダン「キャデラックCT6」の高性能モデル「V-SPORT」などを展示した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • 第497回:ダウンサイズ&ミニマル志向のキャデラック
    新型クロスオーバー「XT4」を解説する
    2018.4.21 エディターから一言 ニューヨークオートショー2018で、キャデラックは新型クロスオーバー「XT4」を世界初披露した。同ブランドの新世代戦略の皮切りに位置付けられるXT4の見どころとは? ショー開幕前夜に開催されたプレビューの模様をまじえて、詳しく解説する。
ホームへ戻る