キャデラックの5人乗りSUV「XT5」がマイナーチェンジ 9段ATを新たに採用

2019.12.03 自動車ニュース
キャデラックXT5
キャデラックXT5拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年12月3日、キャデラックブランドのSUV「XT5」をマイナーチェンジし、2020年1月1日に発売すると発表した。

「XT5」に設定されたスポーティーモデル「プラチナムスポーツ」。
「XT5」に設定されたスポーティーモデル「プラチナムスポーツ」。拡大
「XT5」のインストゥルメントパネル。
「XT5」のインストゥルメントパネル。拡大
「プラチナムスポーツ」のフロントシートにはベンチレーション機構も採用される。
「プラチナムスポーツ」のフロントシートにはベンチレーション機構も採用される。拡大

同車は、これまで「XT5クロスオーバー」として販売されていたモデルで、今回のマイナーチェンジに合わせ車名はXT5となった。

パワートレインでは、最高出力314PSの3.6リッターV6エンジンに変更はないが、組み合わされるトランスミッションが8段ATから9段ATに変更された。

快適装備の充実も改良型XT5のセリングポイントとされ、14個のスピーカーを搭載する「BOSE Performance Series Sound System」オーディオや、携帯端末との連携機能であるApple CarPlayやAndroid Autoを標準装備している。

ラインナップは、「インテリジェントAWD」が搭載される「プレミアム」と、「スポーツチューンドAWD」やアクティブダンピングサスにより走りが強化された「プラチナムスポーツ」の2モデル。

後者は、フロントグリルをはじめ各所にダークなカラーリングが施されているほか、アルミスポーツペダルやシフトパドルなどを装備。全席でシートヒーターを備え、フロントシートにはベンチレーション機構も採用されている。プレミアムと同様となるエマージェンシーブレーキシステム(フロント&リアオートマチックブレーキ/フロント&リア歩行者対応ブレーキ)やリアカメラミラーに加え、プラチナムスポーツではアダプティブクルーズコントロールも搭載する。

価格はXT5プレミアムが650万円で、プラチナムスポーツが785万円。

(webCG)

関連キーワード:
XT5クロスオーバー, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック XT5クロスオーバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがコンパクトSUV「キャデラックXT4」を日本に導入。ダイナミックなボディーラインと高効率な車内空間が特徴で、各種先進装備に加え、後席や荷室の広さもセリングポイントとして挙げられている。ブランド初のコンパクトSUVを写真で紹介する。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • 成功のカギは“ホカン”にあり!? スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」はどうしてこんなに売れるのか? 2020.8.7 デイリーコラム 3000万円級の高価格でありながら、2年で1万台という驚異的なセールスを記録したスーパーSUV「ウルス」。その成功は、単なるSUVブームによるものなのか? 容易ならざる勝利の理由を、業界の識者はこう見る。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
ホームへ戻る