第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!
輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~

2020.03.06 JAIA輸入車試乗会2020
キャデラックXT5プレミアム
キャデラックXT5プレミアム拡大

JAIA輸入車試乗会の会場から、webCG編集部員が気になるクルマの走りをリポート。今回は「キャデラックXT5」や「BMW 3シリーズ ツーリング」「ランドローバー・レンジロ―バー イヴォーク」「テスラ・モデル3」の4台を紹介する。

 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大
 
第3回:ここがインポートカーのボリュームゾーン!輸入車チョイ乗りリポート~600万円から800万円編~の画像拡大

これぞホンモノ これぞ王道
キャデラックXT5プレミアム……650万円

キャデラックXT5は、いいクルマ、いいSUVでありました。高級車であることとか、どこのブランドであるとかをことさら主張するクルマではなくて、普通にいいクルマ。「アメリカ人にとってクルマはあくまで生活の道具。それはキャデラックでも同じこと」と言っていたのは、どのジャーナリストさんだったか。

乗り込んでみると、控えめだけど上質な車内空間にほっとする。ゴテゴテしたスピーカー装飾とかカラフルなイルミネーションとかはないけれど、革は革らしく、ウッドはウッドらしく。インフォテインメントシステムが隅々まできっちり日本語対応している点も、キャデラックの隠れた美点だ。「右ハンがない」ってだけでGMの日本戦略を批判していた人は、ちょいと反省すべし。

走りだしても、XT5はドライバーに肩ひじを張らせるところがない。自然吸気の3.6リッターV6は、踏み始めの微細な領域で「ポコッ」とトルクを出すことはあるけど、それ以外は至ってスムーズ。9段化されたトルコンATも洗練の極みで、いやぁ、快適ですわ。一方で、ブレーキは踏み始めに明確な“あそび”があるけど、制動力が立ち上がり始めるポイントがペダルの反力で分かるので、違和感も不安も痛痒(つうよう)もナシ。むしろ、決して道路事情がいいとはいえないアメリカでは、この方がギクシャクしないんでしょうね。

65偏平のタイヤもあってか、乗り心地は比較的おおらか。走行モードに応じて結構乗り味・走り味が変わるタイプだけど、たいていの人は最終的に、軽やかで、上屋の動きを比較的許容する「ツーリング」に落ち着くと思う。人によっては「もっとビシっとしていてほしい」なんて言うかもしれないが、先生、これSUVですよ? それに、今日日そういうクルマならほかにいくらでもある。キャデまでそれをまねする必要はないよ。

というわけで冒頭に戻る。キャデラックXT5はいいSUVでありました。これぞホンモノ。これぞ王道。スポーツカーもどきみたいなSUVが増えている中で、SUVらしいSUVって、むしろ貴重な存在だと思う。

(文=webCGほった/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る