マツダが「CX-5」を一部改良 オフロードテイストのアクセサリーパッケージとエレガントな内装の特別仕様車も設定

2019.12.12 自動車ニュース
「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。
「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。拡大

マツダは2019年12月12日、クロスオーバーSUV「CX-5」の改良モデルを2020年1月17日に発売すると発表した。

「シルクベージュセレクション」の内装。
「シルクベージュセレクション」の内装。拡大
 
マツダが「CX-5」を一部改良 オフロードテイストのアクセサリーパッケージとエレガントな内装の特別仕様車も設定の画像拡大

今回の改良では、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」に続き、4WD車に悪路からのスムーズな脱出をサポートする「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載。また、センターディスプレイのサイズを7インチから8インチへと大型化し、トップシーリング材を構成するフィルム材質の変更によってロードノイズを素早く吸収し静粛性を向上させるなどした。外装色には新色の「ポリメタルグレーメタリック」が追加された。

一部改良と同時に、オフロードテイストのアイテムが組み込まれたアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」と、シルクベージュ色のハーフレザレットシート(スエード調生地グランリュクスをシート中心部に使用)が装備された特別仕様車「シルクベージュセレクション」が設定された。

タフスポーツスタイルの主なパッケージ内容は以下の通り。

  • フロント/リアアンダーガーニッシュ
  • ルーフレール
  • オールウェザーマット
  • ラゲッジトレイ

同アクセサリーパッケージの価格は12万5500円。

特別仕様車シルクベージュセレクションの主な装備は以下の通り。

  • ハーフレザレットシート(シルクベージュカラー)
  • LED室内照明(マップランプ/ルームランプ/ラゲッジルームランプ)
  • 前席用LEDフットランプ&イルミネーション(ホワイトカラー)
  • LEDフロントフォグランプ
  • IRカットガラス

改良が施されたCX-5の価格は261万8000円から397万6500円まで。

(webCG)

関連キーワード:
CX-5, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る