マツダが「CX-5」を一部改良 オフロードテイストのアクセサリーパッケージとエレガントな内装の特別仕様車も設定

2019.12.12 自動車ニュース
「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。
「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。拡大

マツダは2019年12月12日、クロスオーバーSUV「CX-5」の改良モデルを2020年1月17日に発売すると発表した。

「シルクベージュセレクション」の内装。
「シルクベージュセレクション」の内装。拡大
 
マツダが「CX-5」を一部改良 オフロードテイストのアクセサリーパッケージとエレガントな内装の特別仕様車も設定の画像拡大

今回の改良では、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」に続き、4WD車に悪路からのスムーズな脱出をサポートする「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載。また、センターディスプレイのサイズを7インチから8インチへと大型化し、トップシーリング材を構成するフィルム材質の変更によってロードノイズを素早く吸収し静粛性を向上させるなどした。外装色には新色の「ポリメタルグレーメタリック」が追加された。

一部改良と同時に、オフロードテイストのアイテムが組み込まれたアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」と、シルクベージュ色のハーフレザレットシート(スエード調生地グランリュクスをシート中心部に使用)が装備された特別仕様車「シルクベージュセレクション」が設定された。

タフスポーツスタイルの主なパッケージ内容は以下の通り。

  • フロント/リアアンダーガーニッシュ
  • ルーフレール
  • オールウェザーマット
  • ラゲッジトレイ

同アクセサリーパッケージの価格は12万5500円。

特別仕様車シルクベージュセレクションの主な装備は以下の通り。

  • ハーフレザレットシート(シルクベージュカラー)
  • LED室内照明(マップランプ/ルームランプ/ラゲッジルームランプ)
  • 前席用LEDフットランプ&イルミネーション(ホワイトカラー)
  • LEDフロントフォグランプ
  • IRカットガラス

改良が施されたCX-5の価格は261万8000円から397万6500円まで。

(webCG)

関連キーワード:
CX-5, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 20S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.6.15 試乗記 マツダが、コンパクトSUV「CX-3」に大幅なマイナーチェンジを実施。内外装の質感向上やエンジンの改良など、全方位的に手を加えられた改良モデルの実力を、ガソリン、ディーゼル両モデルの試乗を通してチェックした。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
ホームへ戻る