「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定

2019.12.16 自動車ニュース
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年12月16日、電気自動車「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、同モデルをベースとした「リーフAUTECH」の仕様を変更。2020年2月に発売すると発表した。

 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大
 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大

具体的な変更内容は、日産リーフのものと共通(関連記事)。運転支援システムの「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」については作動時の運転感覚がより自然になるよう制御を変更したほか、ドライバーがより安心して運転できるよう全方位運転支援技術も拡充させた。

「NissanConnect」には新たなサービス・コンテンツを追加。さらに、9インチの大画面を持つ「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」や、シャークフィンアンテナを標準化した。

また、「オーロラフレアブルーパール」の車体色にスーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーをAUTECHバージョンの専用色として追加設定し、全7色展開とした。

価格は以下の通り。

  • リーフAUTECH:409万4200円
  • リーフe+AUTECH:468万6000円

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
ホームへ戻る