「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定

2019.12.16 自動車ニュース
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2019年12月16日、電気自動車「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、同モデルをベースとした「リーフAUTECH」の仕様を変更。2020年2月に発売すると発表した。

 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大
 
「日産リーフAUTECH」仕様変更 2トーンの新色も追加設定の画像拡大

具体的な変更内容は、日産リーフのものと共通(関連記事)。運転支援システムの「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」については作動時の運転感覚がより自然になるよう制御を変更したほか、ドライバーがより安心して運転できるよう全方位運転支援技術も拡充させた。

「NissanConnect」には新たなサービス・コンテンツを追加。さらに、9インチの大画面を持つ「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」や、シャークフィンアンテナを標準化した。

また、「オーロラフレアブルーパール」の車体色にスーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーをAUTECHバージョンの専用色として追加設定し、全7色展開とした。

価格は以下の通り。

  • リーフAUTECH:409万4200円
  • リーフe+AUTECH:468万6000円

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース