「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデート

2019.12.18 自動車ニュース
トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”
トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”拡大

トヨタ自動車は2019年12月18日、ミニバン「アルファード」および「ヴェルファイア」を一部改良し、2020年1月6日に発売すると発表した。

 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大
 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大
 
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の車載インフォテインメントシステムがアップデートの画像拡大

今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能な9インチのディスプレイオーディオを標準装備とした。従来の車載カーナビゲーションを利用したいユーザー向けには「エントリーナビキット」、または「T-Connectナビキット」も用意する。

このほか、既存の「T-Connect SDナビゲーションシステム」には10.5インチディスプレイを、リアシートエンターテインメントシステムには13.3インチディスプレイを採用し、画面サイズを拡大。バックガイドモニターを全車に標準装備としたほか、3眼LEDヘッドランプとウエルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準設定グレードを拡大した。また、スライドドアの開閉に連動して展開/格納する電動サイドステップをオプション設定した。

価格はアルファードが352万円~775万2000円で、ヴェルファイアが366万5000円~583万3000円。

(webCG)

関連キーワード:
アルファード, ヴェルファイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アルファード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
ホームへ戻る