「100万円台でリッター36km」の衝撃! 新型「ヤリス」は小型車市場に新風を巻き起こすか?

2019.12.20 デイリーコラム

想定外の燃費データ

「小型車の復権! 『フィット』の衝撃!! 『ヤリス』の逆襲!!!」……といったベタなタイトルを付けたくなるのが、2020年初頭のニッポンの自動車事情だ。海外生産の格安モデルでお茶を濁しているメーカーもある国内のコンパクトカー市場が、両車の登場でにわかに活気づくのは間違いない。ちなみに、「ホンダ・フィットの衝撃」の内容は、一体型2モーターを用いたハイブリッドシステム「e:HEV」(i-MMD)の採用。トヨタ・ヤリスが逆襲する相手は、近年、すっかり小型車のお株を奪った感のある軽自動車である。

フィットに関しては実車に触れていないので割愛します。先日、クローズドのサーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)という限られた条件ながら試乗がかなったヤリスを、新しい情報を加味して少し見直してみたい。

「ヴィッツ」改めヤリスとなった新型は、1リッター(139万5000円~)、1.5リッター(MT:154万3000円~、CVT:159万8000円~)、1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド(199万8000円~)の、大きく分けて3種類が用意される。従来の1.3リッターが廃され、ハイブリッドモデルに後輪をモーターで駆動する電気式4WD「E-Four」が導入されたのが大きなトピックだ。

価格面では旧型比で10万円ほどアップした印象だが、ニューモデルは新しいプラットフォームを用いて土台から新しくなったため、言うまでもなく総合力がアップしている。装備を見ると、安全面での充実が目を引く。前席ダブル、サイド、そしてカーテンエアバッグを全車で標準装備。ミリ派レーダーと単眼カメラを併用したプリクラッシュセーフティーは、1リッターのビジネスユースモデルを除いたすべてのグレードで搭載される。ある程度値段が上がるのは仕方あるまい。

気になる燃費は、1.5リッターモデルがWLTCモードで21.4~21.6km/リッター(FF)と19.2km/リッター(4WD)、ハイブリッドが、35.4~36.0km/リッター(FF)と30.2km/リッター(E-Four)。新しい「ホンダN-WGN」(129万8000円~169万4000円)のカタログ燃費が20.4~23.2km/リッターだから、ヤリスの数値は驚きだ。

2020年2月10日の正式デビューが発表された新型「トヨタ・ヤリス」。199万8000円の「ハイブリッドX」(FF車)は、ラインナップ中で最良となる36.0km/リッター(WLTCモード)の燃費性能を誇る。
2020年2月10日の正式デビューが発表された新型「トヨタ・ヤリス」。199万8000円の「ハイブリッドX」(FF車)は、ラインナップ中で最良となる36.0km/リッター(WLTCモード)の燃費性能を誇る。拡大
近年、排気量1リッター前後のコンパクトカーにとって脅威となっているのが軽乗用車だ。例えば写真の新型「ダイハツ・タント」シリーズは好調で、毎月のように普通乗用車のトップセラーと同等かそれ以上の販売台数を記録している。
近年、排気量1リッター前後のコンパクトカーにとって脅威となっているのが軽乗用車だ。例えば写真の新型「ダイハツ・タント」シリーズは好調で、毎月のように普通乗用車のトップセラーと同等かそれ以上の販売台数を記録している。拡大

2019年8月に発売されたホンダの軽、2代目「N-WGN」。日々の生活に寄り添うクルマとして開発された新型は、最高で23.2km/リッターの燃費を記録する。


	2019年8月に発売されたホンダの軽、2代目「N-WGN」。日々の生活に寄り添うクルマとして開発された新型は、最高で23.2km/リッターの燃費を記録する。
	拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る