「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場

2019.12.23 自動車ニュース
ランドローバー・レンジローバー(2020年モデル)
ランドローバー・レンジローバー(2020年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日、「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。

レンジローバー スポーツ(2020年モデル)
レンジローバー スポーツ(2020年モデル)拡大

レンジローバー/レンジローバー スポーツの2020年モデルでは、エンジンラインナップの一部変更が行われている。両車とも3リッターV6スーパーチャージャー付きガソリンエンジン搭載モデルがカタログ落ちした一方で、レンジローバー スポーツには3リッター直6「インジニウム」ガソリンターボエンジン搭載モデルが新規設定された。

ジャガー・ランドローバーが設計・開発・製造をすべて手がけたというこのユニットは最高出力400PSと最大トルク550N・mを発生。従来のV6エンジンよりもレスポンスと安定性に優れるほか、48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせるなどして効率性も追求している。

価格はレンジローバーが1493万円~3202万円で、レンジローバー スポーツが936万円~1723万円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る