お値段は2816万円 トムスが「トヨタ・センチュリー」のコンプリートカーを発表【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
TOM’S CENTURY(トムス センチュリー)
TOM’S CENTURY(トムス センチュリー)拡大

国内トップレーシングチームのひとつであるトムスは2020年1月10日、コンプリートカー「TOM’S CENTURY(トムス センチュリー)」を千葉県の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)で発表。同日、注文受け付けを開始した。

 
お値段は2816万円 トムスが「トヨタ・センチュリー」のコンプリートカーを発表【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
お値段は2816万円 トムスが「トヨタ・センチュリー」のコンプリートカーを発表【東京オートサロン2020】の画像拡大

目指したのは運転も楽しめるラグジュアリーセダン

今回発表されたトムス センチュリーは、トヨタの最上級サルーン「センチュリー」をベースとしたカスタマイズモデルである。ベース車が持つ快適性はそのままに、走行性能を高めることで、オーナー自らハンドルを握って運転を楽しめるドライバーズカーに仕上げているという。

パワープラントについては、最高出力381PS、最大トルク510N・mの5リッターV8エンジンと、最高出力224PS、最大トルク300N・mのモーターの組み合わせはそのままに、独自のエキゾースト「トムス・バレル」の採用とスロットルレスポンスの改善により、動力性能の向上と、上質で重厚なエキゾーストサウンドを実現している。

エクステリアデザインにも手を加えており、専用のデイタイムランプ付きフロントバンパーや、サイドステップ、リアアンダースポイラー、トランクスポイラーの採用により、ベース車とは異なる意匠とするとともに、空力性能を高めて走行安定性を向上。リアに備わる4本出しのオーバルテールエキゾーストも特徴となっている。

一方、インテリアはフルオーダーメイドとなっており、特にシートについては、最高級ナッパレザーをはじめとしたさまざまな表皮素材やカラー、ステッチなどが用意されているという。

価格は2816万円。販売台数は36台の限定で、納車開始は2020年夏ごろの予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
センチュリー, トヨタ, 東京オートサロン2020, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ センチュリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
ホームへ戻る