FF車ニュル最速の「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」限定発売【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR
ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR拡大

ルノー・ジャポンは2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020(開催期間:1月12日まで)において、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィーR」を発表した。

トランスミッションは6段MTのみの設定。
トランスミッションは6段MTのみの設定。拡大
サベルト製のモノコックレーシングシートを装備する。
サベルト製のモノコックレーシングシートを装備する。拡大
リム全周をアルカンターラ巻きとしたステアリングホイールは「トロフィーR」専用。
リム全周をアルカンターラ巻きとしたステアリングホイールは「トロフィーR」専用。拡大
軽量化のためリアシートは取り払われている(リアドアは開閉可能)。
軽量化のためリアシートは取り払われている(リアドアは開閉可能)。拡大
レーシングドライバーの谷口信輝選手(写真左)とモータージャーナリストの大谷達也氏(同右)。webCGのコンテンツ『谷口信輝の新車試乗』でおなじみのコンビがルノーブースでトークショーを展開した。
レーシングドライバーの谷口信輝選手(写真左)とモータージャーナリストの大谷達也氏(同右)。webCGのコンテンツ『谷口信輝の新車試乗』でおなじみのコンビがルノーブースでトークショーを展開した。拡大
「トロフィーR」の欠点を聞かれた谷口選手は「強いて挙げるならテレビが見られないこと」と語った。
「トロフィーR」の欠点を聞かれた谷口選手は「強いて挙げるならテレビが見られないこと」と語った。拡大

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRは2019年4月5日にドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで量産FF車最速タイムを記録した、メガーヌR.S.のハイパフォーマンスモデルである。国内では同年11月26日に鈴鹿サーキットでタイムを計測し、先代のトロフィーRより3秒以上も速い2分25秒454を計時した。

パワーユニットは「メガーヌR.S.トロフィー」と同じ最高出力300PS、最大トルク400N・mの1.8リッター直4直噴ターボエンジン。130kgに及ぶ軽量化を実施することで、ポテンシャルアップを図っている。

減量の目玉となるのは、4輪操舵システム「4コントロール」の不採用(およそ38kg減)と、デュアルクラッチ式6段AT「EDC」の6段MTへの変更(同35kg減)。さらにリアシートも取り除き(同25kg減)、アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステムや軽量・高剛性なカーボン製ボンネットおよびリアディフューザーを採用するなど、ハードコアなカスタマイズが施されている。その結果として標準モデルで1330kg、“カーボン・セラミックパック”(後述)で1320kgの車両重量を実現した。さらに、シャシー性能を高めるアイテムとして、16mmの車高調整機能を備えたオーリンズ製ダンパーやトルセンLSD、直系390mmのブレンボ製ブレーキキャリパー(フロント)なども装備する。

世界限定500台のみが生産され、そのうちの30台はブレンボ製カーボンセラミックディスク&ゴールドキャリパー(フロント)とカーボンホイール、ダイナミックエアインテークを備えたカーボン・セラミックパックとして生産される。日本市場への割り当ては標準仕様が47台で、カーボン・セラミックパックが4台。

価格はメガーヌR.S.トロフィーRが689万円で、購入申し込み受け付けは先着順で行われる。一方のメガーヌR.S.トロフィーRカーボン・セラミックパックの価格は949万円で、抽選による販売となる。購入申し込み受け付けは2020年1月19日の23時59分まで。

東京オートサロン2020のルノーブースには、メガーヌR.S.トロフィーRの開発にも携わったレーシングドライバーの谷口信輝選手が登場。webCGのコンテンツ『谷口信輝の新車試乗』でおなじみの谷口選手は、取材でルノー車に乗るたびに「クルマを仕上げた人は天才だ」と思っていたと切り出し、こうした縁がきっかけで鈴鹿サーキットで行われたメガーヌR.S.トロフィーRの開発テストに招かれることになったことを明かした。ルノー(・スポール)が開発に当たって海外でテストすることも、外部の人間にそれを依頼することも、極めて異例のことなのだという。

メガーヌR.S.トロフィーRについては、アクセルを踏めば踏んだ分だけ加速し、ステアリングを切れば切った分だけきちんと曲がる、まさに意のままに操れるクルマに仕上がっていると谷口選手。ただし、大手自動車メーカーの製品としてはかなり乗り手を選ぶのも確かともコメントし、ちょっと心配な人はノーマルのメガーヌR.S.トロフィーを選んでくださいと締めくくった。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
ホームへ戻る