ボルボが「XC60 T8ポールスターエンジニアード」を日本初公開【東京オートサロン2020】

2020.01.11 自動車ニュース
ボルボブースに展示された「S60 T8ポールスターエンジニアード」(手前)と「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」(奥)。ともにカスタマイズが施されている。
ボルボブースに展示された「S60 T8ポールスターエンジニアード」(手前)と「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」(奥)。ともにカスタマイズが施されている。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020(開催期間:2020年1月10日~12日)にブースを初出展し、「S60 T8ポールスターエンジニアード」と「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」の2台を展示した。

ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード
ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード拡大
ボルボXC60 T8 ポールスターエンジニアード
ボルボXC60 T8 ポールスターエンジニアード拡大
曙ブレーキ製のブレーキシステムが採用された「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」。
曙ブレーキ製のブレーキシステムが採用された「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」。拡大
「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」は2020年夏ごろに発売予定。
「XC60 T8 ポールスターエンジニアード」は2020年夏ごろに発売予定。拡大

S60 T8ポールスターエンジニアードは2019年11月に30台の台数限定で発売し、初日に完売したモデル。今回の展示にあたり、純正アクセサリーの「エクステリアスタイリングキット」と、標準仕様のT8ポールスターエンジニアードと同デザインながら1インチアップの20インチ径となる10本スポークデザインホイールが装着され、スポーティーなアピアランスに磨きがかけられていた。

XC60 T8 ポールスターエンジニアードは、日本初公開となるモデル。展示車両は、こちらもエクステリアスタイリングキットが装着されたカスタマイズモデルで、専用の鍛造21インチホイールと同社では初となる曙ブレーキ製のブレーキシステムが採用された。このブレーキのローターは、従来ポールスターエンジニアードで使用されてきたスリットディスクからドリルドディスクに変更されており、強力なストッピングパワーが得られるという。

ボルボは今回展示した2台に加え、「V60」ベースのT8ポールスターエンジニアードも台数限定で2020年夏ごろに導入する予定。

(webCG)

関連キーワード:
XC60, S60, ボルボ, モーターショー, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース