「ポルシェ718ボクスター/ケイマン」に新たな6気筒NAモデル「GTS 4.0」が登場

2020.01.16 自動車ニュース
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0拡大

独ポルシェは2020年1月16日、ミドシップスポーツカー「718ボクスター」「718ケイマン」のラインナップに、新たな6気筒自然吸気(NA)モデル「718ボクスターGTS 4.0」「718ケイマンGTS 4.0」を追加すると発表した。

国内の導入時期と価格については、現時点では未定。写真は「718ケイマンGTS 4.0」。
国内の導入時期と価格については、現時点では未定。写真は「718ケイマンGTS 4.0」。拡大
「718ケイマンGTS 4.0」のコックピット周辺部。
「718ケイマンGTS 4.0」のコックピット周辺部。拡大
718ボクスターGTS 4.0
718ボクスターGTS 4.0拡大
最高出力400PSを発生する「718ボクスターGTS 4.0」。0-100km/hの加速タイムは4.5秒と公表される。
最高出力400PSを発生する「718ボクスターGTS 4.0」。0-100km/hの加速タイムは4.5秒と公表される。拡大
「718ボクスターGTS 4.0」のインテリア。
「718ボクスターGTS 4.0」のインテリア。拡大

6気筒のMRポルシェに新たな選択肢

718ボクスターGTS 4.0と718ケイマンGTS 4.0には、シリーズ最高峰とされる「718スパイダー」「718ケイマンGT4」と同じ、NAの4リッター水平対向6気筒エンジンが搭載される。日本国内への導入時期は未定ながら、2.5リッター水平対向4気筒ターボを積む既存の「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」と併売される見通しだ。

6気筒エンジンの最高出力は400PSで、4気筒版GTS(同365PS)に比べ35PS増し。「6段MTとスポーツエキゾーストシステムの組み合わせにより、抜群の出力供給と非常に満足感の高いドライビングプレジャーを実現する」とうたわれており、PDK仕様は設定されない。ボクスター、ケイマンともに0-100km/hの加速タイムは4.5秒で、最高速は293km/hと公表されている。

シャシーは総じて718スパイダー/718ケイマンGT4よりもマイルドな設定になるとのことだが、PASMスポーツサスペンションや、機械式LSDを備えたポルシェトルクベクタリング(PTV)は標準装備。ダイナミックなハンドリングと日常的な快適性を両立するという。最新のポルシェトラックプレシジョンアプリを用いるスポーツクロノパッケージも備わる。

そのほか、走りを支える装備としては、サテングロスブラックの20インチ軽合金製ホイールと高性能タイヤ(フロント:235/35ZR20、リア:265/35ZR20)、クロスドリルドディスクを採用した強化ブレーキシステムもセリングポイントとして挙げられる。ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)もオプション設定されている。

エクステリアデザインについては、GTSモデルならではのブラックによるコントラストカラーのデザインエレメントが特徴。一方インテリアは、スポーツシートプラスのセンターやステアリングホイールのリム、センターコンソール、シフトレバー、ドアのアームレスト、Aピラー、ルーフライニングなどがダークカラーのアルカンターラ仕上げに。オプションの「GTSインテリアパッケージ」を選択すると、別色のカーマインレッドまたはチョークを追加して、レブカウンター、シートベルト、ヘッドレストの「GTS」ロゴの刺しゅうを含むデコラティブステッチ、ブラックボーダー付きフロアマットの「PORSCHE」ロゴなどを強調することができる。トリムエレメントとセンターコンソールトリムはカーボン製である。

日本仕様車は、リアルタイムで交通情報が得られるオンラインナビゲーションモジュール、ボイスコントロール、Porsche Connectも標準装備。BOSEサラウンドサウンドシステムやBurmesterハイエンドサラウンドサウンドシステムはオプションとして用意される。

(webCG)

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 718ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る