オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定

2020.01.16 自動車ニュース
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年1月16日、同社が手がける「日産リーフ」のカスタマイズカー「AUTECH」に、オーナーの好みに応じたインテリアのコーディネートを可能とする「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を設定すると発表した。同年2月にサービスを開始する。

 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大

AUTECHは、スポーティー感とプレミアム感を両立するべくスタイリングや各部の素材にこだわった、「プレミアムスポーティー」をテーマとした日産の純正カスタマイズモデルである。

プレミアムパーソナライゼーションプログラムは、そのAUTECH車の内装を顧客の好みに応じて組み合わせられるサービスで、すでに「エクストレイル」や「ノート」に採用されている。今回、リーフに設定されたカスタマイズの内容としては、全席のシートの素材を、「ストーンホワイト」「ブラウン」「ブラック」の3色の本革から選択可能とするとともに、素材の一部やステッチにAUTECHブランドのアイコニックカラーである「ブルー」を採用。AUTECHらしさを表現しているという。

また同プログラムを利用すると、通常は寒冷地仕様の装備である後席クッションヒーターが標準で採用される。

対象となるモデルは、62kWhのバッテリーを搭載した「e+ AUTECH」のみで、40kWh仕様のAUTECHでは同プログラムの利用は不可。価格は56万6500円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る