オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定

2020.01.16 自動車ニュース
日産リーフAUTECH
日産リーフAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年1月16日、同社が手がける「日産リーフ」のカスタマイズカー「AUTECH」に、オーナーの好みに応じたインテリアのコーディネートを可能とする「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を設定すると発表した。同年2月にサービスを開始する。

 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大

AUTECHは、スポーティー感とプレミアム感を両立するべくスタイリングや各部の素材にこだわった、「プレミアムスポーティー」をテーマとした日産の純正カスタマイズモデルである。

プレミアムパーソナライゼーションプログラムは、そのAUTECH車の内装を顧客の好みに応じて組み合わせられるサービスで、すでに「エクストレイル」や「ノート」に採用されている。今回、リーフに設定されたカスタマイズの内容としては、全席のシートの素材を、「ストーンホワイト」「ブラウン」「ブラック」の3色の本革から選択可能とするとともに、素材の一部やステッチにAUTECHブランドのアイコニックカラーである「ブルー」を採用。AUTECHらしさを表現しているという。

また同プログラムを利用すると、通常は寒冷地仕様の装備である後席クッションヒーターが標準で採用される。

対象となるモデルは、62kWhのバッテリーを搭載した「e+ AUTECH」のみで、40kWh仕様のAUTECHでは同プログラムの利用は不可。価格は56万6500円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • ヤマハMT-07 ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.22 試乗記 高い機能性と軽快に回るエンジンで人気を博す、ヤマハの中量級スポーツモデル「MT-07」がマイナーチェンジ。兄貴分「MT-09」ゆずりのスタイリングとなった改良型は、どのような進化を遂げたのか? サーキットで行われた試乗会から、その仕上がりを報告する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る