これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること

2020.01.17 デイリーコラム

名将も感動しっぱなし

2020年後半に発売されるという次期型「レヴォーグ」。先日開催された東京オートサロン2020では、そのカスタマイズバージョン「レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」も新たに公開され、具体的な内容が少しずつ見えてきた。

まず、スバルファンとして衝撃だったのは、辰己英治氏が「STIハンドリングエキスパート」という肩書で開発の現場に復帰したということだ。辰己氏は富士重工業(現スバル)で三十数年にわたりスバル車の走りの質を追求。2007年からSTIに移籍し、「S402」や「S206」など名車の誉高い限定車を続々と生み出した後、SUPER GTやニュルブルクリンク24時間耐久レースの監督業に専念していた。スバルの市販車の開発に関わったのは2006年以来だという。オートサロンでは、久しぶりに新型車のプロトタイプのテスト走行に参加し質の良さに感動する、辰己氏の様子が話題となった。

次期型レヴォーグでは、スバルの新世代プラットフォームであるSGP(スバルグローバルプラットフォーム)がフルインナーフレーム構造と組み合わされるなどさらなる発展を遂げるといわれているが、SGPの開発の歴史を振り返ると、実は辰己氏がSTIに移籍する前に手がけた4代目「レガシィ」の開発時に生まれたアイデアや技術を基本とするところが多いとされる。

4代目レガシィの開発段階では実現しきれなかったアイデアや技術が、2016年発売の現行型「インプレッサ」に満を持して投入されたSGPで花開いたわけだが、辰己氏にとっては、富士重工業時代にやり残したことが、十数年の時を経て、次期型レヴォーグで予想以上の効果を発揮して実現しているところも感慨深かったという。「身内が褒めても意味がないと思われるかもしれないけれど、それでも褒めずにはいられない」と後輩たちの仕事ぶりを大いにたたえていた。

スバルファンにとっても、受動安全性と走りの質が極めて高いと定評のあるSGPがさらなる進化を遂げ、カリスマ的存在である辰己氏が開発・評価の立場に復帰することは大変な朗報だ。

STIハンドリングエキスパートということで、辰己氏が在籍するのはSTIとなるが、STIとスバルは以前にも増して開発の共同化を進めており、次期型レヴォーグに限らず、STIが請け負うモータースポーツ活動で得られた技術のフィードバックがより濃いものになると期待できる。

2020年1月10日、東京オートサロン2020に出展された「スバル・レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」。前年の東京モーターショー2019で披露された次期「レヴォーグ」のスポーティーバージョンである。
2020年1月10日、東京オートサロン2020に出展された「スバル・レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」。前年の東京モーターショー2019で披露された次期「レヴォーグ」のスポーティーバージョンである。拡大
フロントまわりに負けず、シャープな造形が印象的な「レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」のリアビュー。
フロントまわりに負けず、シャープな造形が印象的な「レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」のリアビュー。拡大
STIの技術顧問(ハンドリングエキスパート)を務める辰己英治氏。開発中の次期「レヴォーグ」については、ハンドリングはもちろん、シートの出来がすばらしいと評価する。
STIの技術顧問(ハンドリングエキスパート)を務める辰己英治氏。開発中の次期「レヴォーグ」については、ハンドリングはもちろん、シートの出来がすばらしいと評価する。拡大
スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(スバル) 2020.1.11 画像・写真 2020年内のデビューが予定される新型「レヴォーグ」に、早くもハイパフォーマンスバージョンが登場!? 同時に展示されたカスタムモデルやレーシングカーとあわせて、その姿を紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
ホームへ戻る