新型「ホンダ・フィット」開発のキーポイント “ここちよさ”がわかる特別展開催

2020.02.13 自動車ニュース
「ここちよさ展」の会場は、東京・青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」。全5タイプの新型「フィット」も展示される。
「ここちよさ展」の会場は、東京・青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」。全5タイプの新型「フィット」も展示される。拡大

本田技研工業は2020年2月13日から3月14日までの約1カ月、パブリックスペース「Hondaウエルカムプラザ青山」において、特別展示「ここちよさ展」を開催する。

報道陣向けのトークセッションでは、本田技研工業 広報部の坂実沙子さん(写真左)と本田技術研究所のデザイナーである落合愛弓さんが登壇。「ホンダが取り組んできた“ヒト研究”をこの場で体感してほしい」などとイベントにかける思いを語った。
報道陣向けのトークセッションでは、本田技研工業 広報部の坂実沙子さん(写真左)と本田技術研究所のデザイナーである落合愛弓さんが登壇。「ホンダが取り組んできた“ヒト研究”をこの場で体感してほしい」などとイベントにかける思いを語った。拡大
自分にとってここちよい写真を選ぶ、視覚のコーナー。25点の作品の中で、あなたがピックアップするのは?
自分にとってここちよい写真を選ぶ、視覚のコーナー。25点の作品の中で、あなたがピックアップするのは?拡大
こちらは嗅覚のコーナー。ガラス容器に封じ込められた10種類の香りをかいで、ここちよく感じられたものを選択する。
こちらは嗅覚のコーナー。ガラス容器に封じ込められた10種類の香りをかいで、ここちよく感じられたものを選択する。拡大
4つのブースそれぞれで「最もここちよく感じたもの」「2番目にここちよく感じたもの」をチョイス。その組み合わせは約1億通りにおよぶという。
4つのブースそれぞれで「最もここちよく感じたもの」「2番目にここちよく感じたもの」をチョイス。その組み合わせは約1億通りにおよぶという。拡大
診断の結果、「あなたにとって最もここちいい飲み物」が提供される。同時に「あなたに最もマッチした『フィット』のタイプも告知。リポーターの場合、理想とされたのは「アールグレイの紅茶」と「フィット ホーム」だった。
診断の結果、「あなたにとって最もここちいい飲み物」が提供される。同時に「あなたに最もマッチした『フィット』のタイプも告知。リポーターの場合、理想とされたのは「アールグレイの紅茶」と「フィット ホーム」だった。拡大

自分の“ここちよいもの”がわかる

今回の「ここちよさ展」は、普段の生活の中で無意識に感じている“潜在的なここちよさ”を五感で探ることを目的とした体験型イベント。

ホンダはこれまで商品・技術開発において“人の研究”も重視しており、数字では表せない人間が持つ感性価値を追求した結果、“ここちよさ”というキーワードに至ったという。そして、ここちよさをコンセプトに開発されたのが同年2月14日に発売される新型「ホンダ・フィット」というわけである。

イベントでは、会場を視覚、聴覚、嗅覚、触覚の4ブースに分け、さまざまな音や香りなどを体感。多くの中からベターなものを選択することで“自身にとってここちよいもの”が明らかになるとともに、暮らしのヒントや好ましいアイテムなどが提案される。そして、これら4つの感覚をもとに診断された「今の気分に合った、ここちよい飲み物」が味覚を満たす要素として提供される。

報道陣向けに用意された体験会にはフィットの開発に関わったメンバーも姿を見せ、トークセッションに臨んだ本田技術研究所のデザイナー落合愛弓さんは「感性価値に正解はありません。このイベントを通して(新たな)発見を皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです」などとコメントした。

ここちよさ展の開催概要は、以下の通り。

  • 期間:2020年2月13日(木)~3月14日(土)
  • 時間:10時~18時 ※状況により変更あり
  • 場所:Hondaウエルカムプラザ青山(東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階/入場無料)

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
ホームへ戻る