「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場

2020.02.13 自動車ニュース
マツダ3セダン20Sプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD車)
マツダ3セダン20Sプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD車)拡大

マツダは2020年2月13日、「マツダ3」の2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。同年3月12日に発売する。

 
「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場の画像拡大

1.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」(「ファストバック」のみ)に1.8リッターディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」、火花点火制御圧縮着火式2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」など、豊富なパワーユニットを取りそろえるマツダ3だが、これまでSKYACTIV-G 2.0搭載車にはFF車のみがラインナップされていた。今回の追加設定により、マツダ3はパワーユニットを問わず4WD車を選べるようになった。

SKYACTIV-G 2.0を搭載した4WD車のラインナップと価格は以下の通り。

【ファストバック】

  • 20Sプロアクティブ:275万2241円
  • 20Sプロアクティブ ツーリングセレクション:287万3241円
  • 20S Lパッケージ:293万4555円
  • 20Sバーガンディーセレクション:300万6055円

【セダン】

  • 20Sプロアクティブ:275万2241円
  • 20Sプロアクティブ ツーリングセレクション:287万3241円
  • 20S Lパッケージ:293万4555円

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • 「YOKOHAMA ADVAN dB V552」の“極”静粛性を体感する 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> ヨコハマタイヤのフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」において、最高のコンフォート性能を誇るプレミアムタイヤ「dB V552」。その静粛性と走りの安定性には、誰もが大いに感銘を受けることだろう。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る