「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場

2020.02.13 自動車ニュース
マツダ3セダン20Sプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD車)
マツダ3セダン20Sプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD車)拡大

マツダは2020年2月13日、「マツダ3」の2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。同年3月12日に発売する。

 
「マツダ3」の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車に4WDモデル登場の画像拡大

1.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」(「ファストバック」のみ)に1.8リッターディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」、火花点火制御圧縮着火式2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」など、豊富なパワーユニットを取りそろえるマツダ3だが、これまでSKYACTIV-G 2.0搭載車にはFF車のみがラインナップされていた。今回の追加設定により、マツダ3はパワーユニットを問わず4WD車を選べるようになった。

SKYACTIV-G 2.0を搭載した4WD車のラインナップと価格は以下の通り。

【ファストバック】

  • 20Sプロアクティブ:275万2241円
  • 20Sプロアクティブ ツーリングセレクション:287万3241円
  • 20S Lパッケージ:293万4555円
  • 20Sバーガンディーセレクション:300万6055円

【セダン】

  • 20Sプロアクティブ:275万2241円
  • 20Sプロアクティブ ツーリングセレクション:287万3241円
  • 20S Lパッケージ:293万4555円

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
ホームへ戻る