見た目もパワーも強烈 「MINIジョンクーパーワークスGP」国内初披露

2020.02.13 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークスGP
MINIジョンクーパーワークスGP拡大

BMWジャパンは2020年2月13日、同年夏にデリバリー開始予定のハイパフォーマンスモデル「MINIジョンクーパーワークスGP」を国内初披露した。

ボディーカラーは「レーシンググレーメタリック」。レッドの差し色でドレスアップされている。
ボディーカラーは「レーシンググレーメタリック」。レッドの差し色でドレスアップされている。拡大
ルーフ後端には専用の大型リアスポイラーを装備。
ルーフ後端には専用の大型リアスポイラーを装備。拡大
MINIシリーズ最強の2リッターターボエンジン。カバーには「GP」ロゴが添えられる。
MINIシリーズ最強の2リッターターボエンジン。カバーには「GP」ロゴが添えられる。拡大
ハンドル位置は右のみ。MT車は海外でもラインナップされていない。
ハンドル位置は右のみ。MT車は海外でもラインナップされていない。拡大
「MINIジョンクーパーワークスGP」の乗車定員は2人。後席は省かれ、ボディーの強度を上げるクロスバーが装着されている。
「MINIジョンクーパーワークスGP」の乗車定員は2人。後席は省かれ、ボディーの強度を上げるクロスバーが装着されている。拡大

240台限りの特別なMINI

MINIジョンクーパーワークスGPは、3ドアハッチバックの高性能モデル「MINIジョンクーパーワークス」をベースに、走行性能を一段と高めたハイパフォーマンスカー。第2世代となる先代のMINIでもラインナップされた経緯がある。

お披露目会の冒頭では、MINIディビジョンの本部長を務めるピーター・メダラ氏があいさつに立ち、2019年は2万3813台のMINIが販売されるなどセールスが好調だったこと、そして、2020年もMINIジョンクーパーワークスGPをはじめとする多くのモデルをローンチしていくことをアナウンスした。

世界限定3000台のうち240台が国内販売されるMINIジョンクーパーワークスGPには、最高出力306PS、最大トルク450N・m(ベースモデル比で75PS、130N・m増し)を発生する2リッター直4ターボエンジンが搭載される。エンジンマウントのほか、ボディーや前後サスペンションシステムの構造も見直され、車体の剛性アップが図られているが、車重(欧州仕様車の値)はベースモデルよりも30kg軽い1290kgに抑えられている。トランスミッションは8段ATのみ。動力性能については、0-100km/h加速5.2秒、最高速265km/hと公表される。

エクステリアは「レーシンググレーメタリック」と呼ばれる新色のボディーカラーや、メルティングシルバーのルーフおよびミラーキャップ、フィン形状のカーボンファイバー製ホイールアーチカバーなどが特徴。「GP」ロゴがあしらわれた大型リアスポイラーやステンレス製のテールパイプが高性能モデルであることを主張する。

一方インテリアは、先代のMINIジョンクーパーワークスGPと同様、後席が省かれクロスバーを装備。レッドのシートベルトや専用デザインのアルミ製シフトパドルなどでレーシーなムードに仕立てられている。価格は576万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース