AUTECHブランドモデル第5弾 「日産ルークスAUTECH」登場

2020.02.25 自動車ニュース
日産ルークスAUTECH
日産ルークスAUTECH拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月25日、新型「日産ルークス」をベースとしたカスタマイズドカー「ルークスAUTECH」を発表した。同年3月19日に発売する。

 
AUTECHブランドモデル第5弾 「日産ルークスAUTECH」登場の画像拡大
 
AUTECHブランドモデル第5弾 「日産ルークスAUTECH」登場の画像拡大

日産ルークスAUTECHは「セレナ」「ノート」「エクストレイル」「リーフ」に続く、AUTECHブランドモデルの第5弾だ。同ブランドは細部にまでこだわりを持つユーザーをターゲットとした「プレミアムスポーティー」をコンセプトとしており、オーテックジャパン創業の地である神奈川県の湘南・茅ヶ崎地域の海と空からイメージしたというブルーをアイコニックカラーとしている。

ルークスAUTECHは「ルークスX」グレードをベースに、エクステリアにAUTECHブランド車共通のドットパターンのフロントグリルを採用するなどして、上質さと洗練さが目を引くスタイルに仕立てられているのが特徴だ。

特別装備の内容は以下の通り。

  • AUTECH専用エクステリア(フロントグリル、フロントバンパーシルバーアクセント、アウトサイドドアドアハンドル<シルバー>、バックドアフィニッシャー<メッキモール付き>、AUTECHエンブレム<リア>)
  • サイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー(シルバー)
  • AUTECH専用14インチアルミホイール(切削光輝)
  • AUTECH専用レザー調/トリコットコンビシート(トワイライトロゼ/アイボリーコンビ&ブルーステッチ)
  • AUTECH専用レザー調ドアトリム(トワイライトロゼ)
  • AUTECH専用レザー調インストゥルメントパネル(トワイライトロゼ&ブルーステッチ)
  • AUTECH専用本革巻きステアリングホイール(トワイライトロゼ/アイボリーコンビ&ブルーステッチ)
  • メッキインナードアハンドル
  • メッキボタン付きシフトノブ

価格はFF車が174万7900円で、4WD車が188万2100円。

(webCG)

関連キーワード:
ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
ホームへ戻る