ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデル

2020.03.11 自動車ニュース
ヤマハ・テネレ700 ABS
ヤマハ・テネレ700 ABS拡大

ヤマハ発動機は2020年3月11日、オフロードタイプの新型二輪モデル「Ténéré(テネレ)700 ABS」を同年6月5日に発売すると発表した。

 
ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデルの画像拡大
 
ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデルの画像拡大
 
ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデルの画像拡大
 
ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデルの画像拡大
 
ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデルの画像拡大

パワフルかつトルクフルな688ccの2気筒エンジンを搭載

テネレ700は「Top of Adventure Ténéré」というコンセプトのもと、軽量化にこだわって開発されたアドベンチャーモデルである。乗車姿勢自由度の高い車体や、耐久性の高さ、整備性のよさ、荷物積載時の高い適応力などを通して、オフロードでの高い走破性能とツーリング時の優れたユーティリティー性の追求が図られている。

エンジンは「クロスプレーン・コンセプト」(慣性トルクが少なく、燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想)に基づいて開発された、270度クランクの688cc水冷4ストローク直列2気筒DOHC 4バルブで、低中回転域での豊かなトルクと高回転域での伸びのよさを両立。エンジン特性に合わせて2次減速比を最適化し、本格的なオフロードライディングと日常的な市街地走行での扱いやすさを両立しているという。

また、エアクリーナーボックスは十分な吸気容量を確保しつつ、吸気ダクトの向きを進行方向とすることで、後輪からの砂ぼこりなどの吸い込みを抑制。コンパクトな設計のエキゾーストパイプと別体式サイレンサーからなる排気系や、ラジエーターのファンやグリルを新設計した冷却系ともども、オフロード走行を意識した構造となっている。

軽くてスリムなボディーは運転姿勢の自由度の高さも特徴

車体もオフロード走行を念頭に置いた構造となっており、特にフレームについては、ヤマハの伝統である「軽量・スリム・コンパクト」を追求して新設計。軽量・高強度な高張力鋼管を用いたダブルクレードルタイプとすることで剛性を確保しつつ、しなやかな乗り心地も実現しているという。またリアアームには、軽量なアルミニウムを用いている。

サスペンションは、フロントが43mm径インナーチューブの倒立式で、優れた接地感とショック吸収性を確保。アンダーブラケットやハンドルクラウンもこれに合わせて強度バランスを整え、倒立らしい自然な操舵感を実現したという。一方、リアにはリンク式モノクロスサスペンションを採用しており、舗装路から砂漠地帯まで、幅広い走行シーンに対応する走行性を追求している。ブレーキは前後ともに軽量・コンパクトなブレンボ製キャリパーとウエーブディスクの組み合わせとしており、初期タッチ、制動力、コントロール性、リリース特性などに配慮。オン・オフ切り替え可能なABSが標準装備される。

このほかにも、シート高875mmのフラットシートとスリムなタンクとの組み合わせによるライディングポジションの自由度も特徴で、ライダーの疲労を低減するべくシートやハンドルなどの位置関係も最適化。全体のスタイリングは同社のデュアルパーパスやエンデューロモデル「XT」「WR」のイメージを踏襲したものとなっており、マットグレー、マットブラック、ホワイトの3種類のカラーリングが用意されている。

価格は126万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
テネレ700, ヤマハ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る