クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハ 試乗記・新型情報

ヤマハ 試乗記 ヤマハ ニュース ヤマハ 画像・写真
車種で絞り込む
  • 2021.1.29 デイリーコラム

    こんなバイクはもう出ない! あるうちに欲しいヤマハの絶版名車とは?

    有名な「SR」をはじめ、ヤマハのロングセラーバイクが近年続々と生産終了に追い込まれているのをご存じだろうか? その要因は何か、そしてファンが手に入れる術(すべ)は残されているのか、事情に詳しいモータージャーナリストがリポートする。

  • 2021.1.26 試乗記

    ヤマハ・トリシティ300(CVT)【レビュー】

    フロントに2つのタイヤが付いた、ちょっと変わったオートバイ。ヤマハが提案する新型三輪モデル「トリシティ300」に乗ったなら、普通の二輪車とはかなり違ったバイクライフが送れるに違いない。

  • 2021.1.21 自動車ニュース

    43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場

    ヤマハ発動機が、中型二輪モデル「SR400」の最終モデルとして、「SR400ファイナルエディション」と特別仕様車「SR400ファイナルエディション リミテッド」を発表。SR400は1978年デビューのロングセラーだが、両モデルをもって国内向けの生産は終了となる。

  • 2020.12.20 試乗記

    ヤマハYZF-R1M ABS(6MT)【レビュー】

    国内外のバイクメーカーが開発にしのぎを削る、リッタークラスのスーパースポーツモデル。このジャンルで、長きにわたりヤマハの“顔”として活躍していたのが「YZF-R1」だ。日本でもついに正規販売が開始された、最新モデルの走りを報告する。

  • 2020.10.30 試乗記

    ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS(MR/CVT)【レビュー】

    普段使いでの機能性はもちろん、ツーリング性能や操る楽しさをも追求したヤマハの“スポーツコミューター”こと「TMAX」シリーズ。その最新モデルにあたるのが「TMAX560」だ。新エンジンを得たビッグスクーターの雄は、“アンチ”を黙らせる実力の持ち主だった。

  • 2020.9.9 試乗記

    ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】

    ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。

  • 2020.6.8 デイリーコラム

    日本メーカーが200PS級のマシンを続々と正規販売! 今日に至る“バイク規制”の歴史を振り返る

    ヤマハが200PS級のスーパーバイク「YZF-R1」を日本に正規導入! 国内市場での“フルパワー仕様”のバイクの販売は、どのようにして可能になったのか? あまたの逆輸入車を生んだ規制の歴史と、オートバイを取り囲む今日の状況について解説する。

  • 2020.5.28 自動車ニュース

    ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデル

    ヤマハが大型二輪モデル「YZF-R1/YZF-R1M」の日本導入を発表。1リッタークラスの4気筒エンジンを搭載した、同社ラインナップのフラッグシップにあたるスーパースポーツモデルであり、2020年モデルではレースユースも視野に入れた改良がなされている。

  • 2020.3.11 自動車ニュース

    ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデル

    ヤマハがオフロードタイプの新型二輪モデル「テネレ700 ABS」を発表。軽さにこだわったスリムなボディーに688ccの2気筒エンジンを搭載。自由度の高いライディングポジションとも相まって、高い悪路走破性とオンロードでの快適性を両立しているという。

  • 2019.12.23 デイリーコラム

    さらば“二輪二足”の名車! 千葉の山奥で「ヤマハ・セロー」の復活を願う

    多くのライダーを山へといざなったオフロードバイクの名車「ヤマハ・セロー」が、ついに生産終了に。一筋縄ではいかなかったという誕生までの経緯と、改良に携わったエンジニアの言葉から、長年にわたり愛される商品に不可欠な“条件”を探った。

  • 2019.12.6 自動車ニュース

    ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売

    ヤマハがロングセラーモデル「セロー250」の国内向け生産終了を発表。「セロー」は1985年に登場したトレイルバイクで、現行のモデルは250ccのエンジンを搭載した2代目。2020年1月発売の「ファイナルエディション」をもって、その歴史に幕を下ろすこととなる。

  • 2019.10.25 画像・写真

    ヤマハ(その3)

    車いすやシニアカー、電動アシスト自転車にも、新しい提案やスタイリッシュなデザイン、スポーティーな走りを盛り込んでくるヤマハ。東京モーターショーの会場から、ユニークなヤマハの展示を、ブースの様子とともに写真でリポートする。

  • 2019.10.25 画像・写真

    ヤマハ(その2)

    フラッグシップスーパースポーツの「YZF-R1」に、アドベンチャーモデルの「テネレ700」、三輪モーターサイクル「トリシティ300」と、注目モデルが目白押し。ヤマハの出展車両の中から、日本導入予定のモデル、あるいは日本導入が期待されるモデルを写真で紹介。

  • 2019.10.25 画像・写真

    ヤマハ(その1)

    毎回、ユニークで提案性に富んだ出展により、東京モーターショーに花を添えるヤマハ。 “地上を走るドローン”こと「ランドリンク コンセプト」や、三輪パーソナルモビリティー「MW-VISION」など、魅力的なコンセプトモデルを写真で紹介する。

  • 2019.10.25 自動車ニュース

    ヤマハ・ランド リンク コンセプト:実は“作業車”なのにスタイリッシュ

    前回に引き続き、モータージャーナリスト河村康彦が選んだおすすめの一台は、ヤマハの出展物。そう、クルマでもバイクでもない“特別出展物”の「ランド リンク コンセプト」って何それ?

  • 2019.10.25 自動車ニュース

    ヤマハ・ランド リンク コンセプト:ガンダム的? 攻殻的?

    将来へのアイデアと現実的な提案としてヤマハの「ランド リンク コンセプト」に注目したモータージャーナリストの高平高輝。しかし今回のショー会場を実際に見て歩いた後に、あえてこう切り出した。

  • 2019.10.23 自動車ニュース

    ヤマハの目玉は“地上のドローン”と新たなパーソナルモビリティー【東京モーターショー2019】

    モーターサイクルに電動アシスト自転車、船外機、無人ヘリコプターと、ジャンルを超えてさまざまなプロダクトを手がけるヤマハ。今回の東京モーターショーでは、自立走行機能を備えた“地上のドローン”と、三輪の新しいパーソナルモビリティーを発表した。

  • 2019.10.10 自動車ニュース

    ヤマハは“人の幸せ”をテーマにさまざまなモビリティーや自立移動ビークルを出展【東京モーターショー2019】

    ヤマハが東京モーターショーの出展概要を発表。「人はもっと幸せになれる ~ART for Human Possibilities〜」というテーマのもと、自立走行ビークルや電動スクーターなど4つのコンセプトモデルを世界初公開。2020年発売予定の「YZF-R1」「テネレ700」も展示される。

  • 2019.10.4 画像・写真

    「YAMAHA Motorcycle Day 2019」の会場から

    ヤマハのオートバイを中心としたファンミーティング「YAMAHA Motorcycle Day」。トークショーやグッズ&パーツの即売も行われ、多くの来場者で盛り上がったイベントの様子を、豊富な写真とともにリポートする。

  • 2019.7.22 デイリーコラム

    ヤマハの新型スクーターも実はGogoro製
    台湾発の電動二輪とバッテリーインフラが世界を変える!?

    ヤマハが台湾で発表した新型電動スクーター「EC-05」。このモデルにプラットフォームを提供し、生産も担っているのが電動二輪のリーディングカンパニーGogoroだ。車両の製造・販売はもちろん、バッテリーインフラやシェアサービスも手がける台湾勢の実力に迫る。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。