ダイハツが「タフト」の先行予約受け付けを開始 クロスオーバータイプの新型軽乗用車

2020.04.01 自動車ニュース

ダイハツ工業は2020年4月1日、クロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」の先行予約受付を開始した。

タフトは、「タント」「ロッキー」に続くDNGA世代の第3弾モデルとなる。車名のタフト(TAFT)は、開発コンセプトである「Tough&Almighty Fun Tool」の頭文字をとったもので、2020年の東京オートサロンでコンセプトカーがお披露目された。

発売予定は2020年6月。デイリーユースにもレジャーユースにも好適な、軽乗用車とSUVのクロスオーバーモデルとなるという。

(webCG)

ダイハツの新型車「タフト」。左はディーラーオプション「メッキパック」装着車。
ダイハツの新型車「タフト」。左はディーラーオプション「メッキパック」装着車。拡大

関連キーワード:
タフト, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る