「アルファード/ヴェルファイア」に特別仕様車

2011.05.23 自動車ニュース

トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」に特別仕様車を設定。2011年6月22日に発売する。

今回の特別仕様車は、アルファードの「240S」「350S」、ヴェルファイアの「2.4Z」「3.5Z」、いずれも7人乗りをベースに、主にインテリアに特別装備を施し高級感を演出したもの。

具体的には、運転席に8ウェイパワーシートやマイコンプリセットドライビングポジションシステム(ドアミラー+運転席ポジション)を装備するほか、パーフォレーション部分にゴールドを配したブラックの専用アルカンターラシートを採用。シャンパンゴールド加飾を施したツヤあり黒木目調のインストゥルメントパネル/センタークラスターや、本革巻きステアリングホイール/シフトレバー&シフトノブ(専用ツヤあり黒木目調加飾)、さらにメッキのインサイドドアハンドルやイルミネーテッドエントリーシステムなども備わる。

エクステリアは専用スーパークロームメッキ塗装のアルミホイールでドレスアップ。機能面では、デュアルパワースライドドアやパワーバックドア&バックドアイージークローザー、サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(オート格納&リバース連動機能付)などの快適装備が用意される。

ボディカラーは、特別色の「グレーメタリック」を含む、全4色を設定。 FF車の価格は以下のとおり(カッコはベース車比)。4WD車はそれぞれ21万円高となる。

「アルファード」
・240S“Prime Selection II -type GOLD II-”:356万円(+22万円)
・350S“Prime Selection II -type GOLD II-”:396万円(+24万円)
「ヴェルファイア」
・2.4Z“PLATINUMセレクションII -TYPE GOLD II-”:356万円(+22万円)
・3.5Z“PLATINUMセレクションII -TYPE GOLD II-”:396万円(+24万円)

(webCGワタナベ)

「アルファード350S“Prime Selection II -type GOLD II-」
「アルファード350S“Prime Selection II -type GOLD II-」 拡大
「ヴェルファイア3.5Z“PLATINUMセレクションII -TYPE GOLD II-」
「ヴェルファイア3.5Z“PLATINUMセレクションII -TYPE GOLD II-」 拡大

関連キーワード:
アルファード, ヴェルファイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アルファード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る