非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売

2020.04.24 自動車ニュース
15Sホワイトコンフォート
15Sホワイトコンフォート拡大

マツダは2020年4月23日、コンパクトカー「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」を発売した。

 
非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売の画像拡大
 
非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売の画像拡大
 
非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売の画像拡大

マツダ2ホワイトコンフォートは、「北国を旅した時のような非日常を感じさせるインテリア」をセリングポイントとする特別仕様車。

シートが白い本革とウォームグレーのメランジ調クロスで仕立てられており、助手席前方のインパネデコレーションパネルやドアトリムにはグランリュクスが採用されている。「ポリメタルグレーメタリック」のボディーカラーとのコーディネートを意識したという「スチールブルー」のアクセントを添えたエアコンルーバーベゼルも特徴のひとつだ。

ボディーカラーは全6色で、1.5リッターガソリンエンジン車「15Sホワイトコンフォート」と1.5リッターディーゼルエンジン車「XDホワイトコンフォート」がラインナップされる。駆動方式はFFと4WDが選べるが、トランスミッションは6段ATのみとなる。

価格は以下の通り。

  • 15Sホワイトコンフォート(FF車):216万7000円
  • 15Sホワイトコンフォート(4WD車):237万6000円
  • XDホワイトコンフォート(FF車):249万1500円
  • XDホワイトコンフォート(4WD車):270万0500円

(webCG)

関連キーワード:
マツダ2, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
ホームへ戻る