ジープの「チェロキー」「コンパス」「レネゲード」にブラックパーツを効かせた限定モデル登場

2020.04.27 自動車ニュース
「ジープ・チェロキー」(左)と「コンパス」(中央)、「レネゲード」(右)に設定された限定車「ナイトイーグル」。
「ジープ・チェロキー」(左)と「コンパス」(中央)、「レネゲード」(右)に設定された限定車「ナイトイーグル」。拡大

FCAジャパンは2020年4月24日、ジープのミドルサイズSUV「チェロキー」とコンパクトSUV「コンパス」「レネゲード」にブラックの外装パーツや専用ボディーカラーなどを採用した限定車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を設定し、同年5月9日に発売すると発表した。

ジープの限定車「ナイトイーグル」に採用されるバッジ。
ジープの限定車「ナイトイーグル」に採用されるバッジ。拡大
ブラックカラーで仕立てられた「Jeep」エンブレム。
ブラックカラーで仕立てられた「Jeep」エンブレム。拡大

ナイトイーグルは外装に専用のブラックパーツをあしらい、スタイリッシュなデザインを追求したモデルとして設定された。各車共通の特別装備として、フロントまわりの印象を引き締めるブラックグリルやベース車に比べて大径化した18インチのブラックアルミホイールを採用。「Jeep」バッジもブラックでコーディネートされ、インテリアにもピアノブラックのアクセントパーツが用いられている。

各モデルとも「ロンジチュード」グレードがベースとなり、チェロキー ナイトイーグルには最高出力177PSの2.4リッター直4エンジンが、コンパス ナイトイーグルには最高出力175PSの2.4リッター直4エンジンが、そしてレネゲード ナイトイーグルには、最高出力151PSの1.3リッター直4ターボエンジンが搭載されている。

各モデルの主な特別装備と価格、販売台数は以下の通り。

ジープ・チェロキー ナイトイーグル
ジープ・チェロキー ナイトイーグル拡大
「チェロキー ナイトイーグル」のインストゥルメントパネルにはピアノブラックインテリアアクセントが採用されている。
「チェロキー ナイトイーグル」のインストゥルメントパネルにはピアノブラックインテリアアクセントが採用されている。拡大

【チェロキー ナイトイーグル】

  • ブラックフロントグリル
  • ブラックフォグランプベゼル
  • ブラックウィンドウモールディング
  • ブラックルーフレール
  • 「NIGHT EAGLE」バッジ
  • ブラック「Jeep」「4×4」「CHEROKEE」バッジ
  • 18インチブラックアルミホイール
  • 225/55R18 3シーズンタイヤ
  • ピアノブラックインテリアアクセント

ボディーカラーは通常モデルには設定のない「グラナイトクリスタルメタリック」で販売台数は限定200台。価格は452万円。

ジープ・コンパス ナイトイーグル
ジープ・コンパス ナイトイーグル拡大
「コンパス ナイトイーグル」に採用される専用シート。
「コンパス ナイトイーグル」に採用される専用シート。拡大

【コンパス ナイトイーグル】

  • ブラックフロントグリル(ブラックアクセント付き)
  • ブラックフォグランプベゼル
  • ブラックウィンドウモールディング
  • 「NIGHT EAGLE」バッジ
  • ブラック「Jeep」「COMPASS」バッジ
  • 18インチブラックアルミホイール
  • 225/55R18 3シーズンタイヤ
  • ピアノブラックインテリアアクセント
  • ナイトイーグル専用シート
  • 運転席4ウェイパワーランバーサポート

ボディーカラーは通常モデルには設定のない「グレーマグネシオメタリック」と、「ヴォーカルホワイトP/C」で、販売台数は各限定100台。価格は379万円。

ジープ・レネゲード ナイトイーグル
ジープ・レネゲード ナイトイーグル拡大
「レネゲード ナイトイーグル」のグロスブラックアクセント付きブラックフロントグリル。
「レネゲード ナイトイーグル」のグロスブラックアクセント付きブラックフロントグリル。拡大

【レネゲード ナイトイーグル】

  • ブラックフロントグリル(グロスブラックアクセント付き)
  • グロスブラックリアテールランプベゼル
  • グロスブラックリアバンパーディフレクター
  • 「NIGHT EAGLE」バッジ
  • ブラック「Jeep」バッジ
  • シルバー「RENEGADE」バッジ
  • 18インチブラックアルミホイール
  • 225/55R18 3シーズンタイヤ
  • 雨量感知機能ワイパー
  • オートヘッドライト
  • 革巻きステアリングホイール
  • ピアノブラックインテリアアクセント
  • リバーシブル高さ調整機能付きカーゴフロア

ボディーカラーはレネゲードに初採用の「スレートブルーP/C」と、「アルパインホワイト」で、販売台数は各限定100台。価格は311万円。

(webCG)

関連キーワード:
チェロキー, コンパス, レネゲード, ジープ, 自動車ニュース

ジープ チェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る