「ホンダ・インサイト」がマイナーチェンジ 上質感を高めた新グレードが登場

2020.05.29 自動車ニュース
ホンダ・インサイトEX・プライムスタイル
ホンダ・インサイトEX・プライムスタイル拡大

本田技研工業は2020年5月29日、ハイブリッドセダン「インサイト」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「EX・プライムスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。
「EX・プライムスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
内装色はアイボリー基調となる。
内装色はアイボリー基調となる。拡大
インサイトEX・ブラックスタイル
インサイトEX・ブラックスタイル拡大
「EX・ブラックスタイル」では、外装色によってインテリアのステッチカラーが変更される。
「EX・ブラックスタイル」では、外装色によってインテリアのステッチカラーが変更される。拡大
18インチアルミホイール
18インチアルミホイール拡大

新グレード「EX・プライムスタイル」登場

今回のマイナーチェンジでは、新グレードとして「EX・プライムスタイル」を追加設定した。「EX」グレードをベースに上質感を高めたモデルで、インテリアについてはアイボリー基調のカラーリングで華やかさを表現。エクステリアはスポイラーが省略されたトランクリッドを特徴とし、ボディーカラーには同車専用色の「シルバーミストグリーン・メタリック」も用意している。

同グレードの専用装備は以下の通り。

  • 専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
  • スポイラーレストランクリッド
  • 17インチ アルミホイール(グレークリア塗装)
  • 専用インテリア(アイボリー×グリーン)

一方、既存の上級グレード「EX・ブラックスタイル」についても内外装を変更。専用装備であるアルミホイールのサイズを17インチから18インチに拡大したほか、ステンレス製スポーツペダルを新たに採用した。またボディーカラーに「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」を選択すると、インテリア各部のステッチカラーがボディーカラーに合わせた色となるよう仕様が変更された。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • LX:335万5000円
  • EX:356万4000円(レザーシート仕様:372万9000円)
  • EX・プライムスタイル:368万5000円
  • EX・ブラックスタイル:372万9000円

(webCG)

関連キーワード:
インサイト, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インサイト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド 2013.6.20 画像・写真 「ホンダ・アコード ハイブリッド」の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る