「メルセデス・ベンツGLE」のハイパフォーマンスモデル「AMG GLE53 4MATIC+」登場

2020.05.28 自動車ニュース
メルセデスAMG GLE53 4MATIC+
メルセデスAMG GLE53 4MATIC+拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年5月28日、「メルセデス・ベンツGLE」のモデルラインナップにハイパフォーマンスモデル「AMG GLE53 4MATIC+」を追加設定し、販売を開始した。

3リッター直列6気筒エンジンに「ISG」を組み合わせたハイブリッドパワーユニットを搭載。
3リッター直列6気筒エンジンに「ISG」を組み合わせたハイブリッドパワーユニットを搭載。拡大
快適性と運動性能を両立させたという「AMGアクティブライドコントロール」を初採用。
快適性と運動性能を両立させたという「AMGアクティブライドコントロール」を初採用。拡大
「AMGスポーツシート」や「AMGパフォーマンスステアリングホイール」などが採用される「AMG GLE53 4MATIC+」のインテリア。
「AMGスポーツシート」や「AMGパフォーマンスステアリングホイール」などが採用される「AMG GLE53 4MATIC+」のインテリア。拡大
「AMG GLE53 4MATIC+」のリアビュー。「Sクラス」と同等となる最新の運転支援システムが標準装備される。
「AMG GLE53 4MATIC+」のリアビュー。「Sクラス」と同等となる最新の運転支援システムが標準装備される。拡大

現行のGLEは、前身となる「Mクラス」から数えて4代目にあたるモデル。日本仕様は全車が3列目シートを搭載した7人乗りとなり、2019年6月に導入が発表された。今回のAMG GLE53 4MATIC+は、最新のGLEに初設定されたAMGモデルとなる。

パワーユニットは、3リッター直列6気筒エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたもので、エンジンにはターボチャージャーと電動スーパーチャージャーが備わり最高出力435PS、最大トルク520N・mを発生。「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」と48V電装システムで構成されるマイルドハイブリッドシステムは、最高出力21PS、最大トルク250N・mを発生する。トランスミッションは、電子制御式9段AT「AMGスピードシフトTCT」が搭載されている。

足まわりにおいては、「AMGライドコントロール+エアサスペンション」の進化版で、高いアジリティーとニュートラルなコーナリング、最適なトラクションを実現するという「AMGアクティブライドコントロール」が初搭載された。

縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエーターグリルのほか、「AMGスポーツシート」や「AMGパフォーマンスステアリングホイール」など最新のAMG車に共通する専用装備を備えている。

価格は1332万円で、納車は2020年6月以降の予定。ステアリング位置は左右から選択できる。

(webCG)

関連キーワード:
GLE, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース