クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)

豪速万能SUVの憂鬱 2021.08.13 試乗記 注目すべきは最高出力612PSのパワーだけにあらず。48Vのマイルドハイブリッド機構や電子制御スタビライザーなどのハイテクを満載した「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+」は、洗練された乗り心地とハンドリングも併せ持つハイパフォーマンスSUVに仕上がっていた。

20年余りで347PSから612PSへ

メルセデスが“クロカン”とは一線を画すSUVカテゴリーに参入して、おおむね四半世紀の時がたつ。その出発点となった初代「Mクラス」に、AMGチューニングの「ML55 AMG」が加わったのは2000年のこと。日本の輸入元が、当時のダイムラークライスラー日本ではなく、ヤナセ出資のAMGジャパンだった頃の話だ。

V8が大好物な米国市場からの要求に加えて、鳴り物入りのデビューを控えた「BMW X5」を迎え撃つという意向もあっただろう、ML55 AMGは決して出来がいいとはいえなかったベースモデルのガサツさを忘れさせるフットワークで、当時のこの手のクルマとしては破格だった347PSのパワーをなんとか手なずけていた。高重心ならではの危うさもあるにはあったが、なんとかバランスさせたその面白みはマニア筋の間で話題となり、アメリカでは「GMCタイフーン」以来のカルトカーとして受け入れられた。後に続くバカ力系SUVカテゴリーの、興隆の扉を開いた一台となったわけである。

その後、Mクラスは「GLE」へと名前を変えながら4代にわたって進化を続け、AMGモデルも途切れることなく投入されている。2代目は6.2リッターV8自然吸気、3代目は5.5リッターV8ツインターボ、そして現世代となるこのGLE63 Sには4リッターV8ツインターボと、一貫してV8を搭載。0-100km/h加速は6.7秒から3.8秒へ、最高速は235km/hから280km/hへと進化を遂げてきた。高重心のナリを思えば初代のそれでも十分に速いという印象だが、そこから数えて20年余りでパワーと速さは著しく向上し、価格もほぼ倍化したというイメージだろうか。

612PSの高出力エンジンを搭載したハイパフォーマンスSUV「GLE63 S 4MATIC+」。本国ローンチから間をおかず、2020年12月に日本導入が発表された。
612PSの高出力エンジンを搭載したハイパフォーマンスSUV「GLE63 S 4MATIC+」。本国ローンチから間をおかず、2020年12月に日本導入が発表された。拡大
「GLE63 S」のハンドル位置は左のみ。試乗車の内装に施されたカーボン装飾は、オプションの「AMGインテリアカーボンパッケージ」のものだ。
「GLE63 S」のハンドル位置は左のみ。試乗車の内装に施されたカーボン装飾は、オプションの「AMGインテリアカーボンパッケージ」のものだ。拡大
AMGモデル専用の、ナッパレザーの本革シート。「GLE63 S」には、オプションでダイヤモンドステッチ入りのシートも用意される。
AMGモデル専用の、ナッパレザーの本革シート。「GLE63 S」には、オプションでダイヤモンドステッチ入りのシートも用意される。拡大
同じAMGモデルの「GLE53」を含めても、現行の「GLE」でV8エンジンを搭載するのは、今回試乗した「GLE63 S」のみである。
同じAMGモデルの「GLE53」を含めても、現行の「GLE」でV8エンジンを搭載するのは、今回試乗した「GLE63 S」のみである。拡大

走りを支えるエレクトロニクス

タービンをシリンダーバンク間に置くホットVレイアウトが採用されたM177型は、“ワンマン・ワンエンジン”というAMGのポリシーにのっとり、アファルターバッハの工場で生産される。最高出力は612PS、最大トルクは850N・m……とこのあたりは目慣れたスペックだが、このGLE63 Sからは1000-3250rpm間の低負荷時に働くシリンダーオンデマンド機能に加えて、48VのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を用いたマイルドハイブリッドシステム「EQブースト」も搭載されている。エンジンとトランスミッション「9Gトロニック」の間に置かれる21PS/250N・mのモーターは、低回転域での動力補助や巡航時のコースティング、減速時のブレーキエネルギー回収などで幅広く活躍し、助手席下部に置かれる1kWのリチウムイオンバッテリーを介して、「AMGアクティブライドコントロール」の作動電力供給元としても機能する。

これは、前後のスタビライザーに接続された電動アクチュエーターによって、秒あたり1000回の頻度で路面状況やドライブモードに応じてスタビレートを調整するもの。これまでも同様の機能はあったが、48V化による応答レスポンスの高速化が大きな特徴となる。ちなみに現世代のメルセデスのSUVラインナップでは、他にも48Vの電動油圧式オイルポンプをエアマチックサスペンションと組み合わせて瞬時に各輪のストローク量を制御する「Eアクティブボディーコントロール」も用意するなど、足まわりにさまざまな技術的トライがみてとれる。

動的な部分を除くと、GLE63 Sの装備はおおむねベースモデルに準じているが、3列目シートだけは省略されており、それが必要な人は「GLE53 4MATIC+」など他のグレードを選ぶしかない。ただ、そもそもGLEの最後列は居住スペース的にはミニマム(参照)。子供でも窮屈そうな空間ゆえ、頻繁に多人数が乗ることを前提とするなら「GLS」の側を検討したほうがいいだろう。

メルセデスAMGが自社開発したM177型4リッターV8ツインターボエンジン。「GLE63 S」のものには48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされる。
メルセデスAMGが自社開発したM177型4リッターV8ツインターボエンジン。「GLE63 S」のものには48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされる。拡大
エンジンの組み立てを担当したスタッフの名が書かれたプレート。メルセデスAMGでは、一基のエンジンを一人のスタッフが組み立てる、“ワンマン・ワンエンジン”の体制がとられている。
エンジンの組み立てを担当したスタッフの名が書かれたプレート。メルセデスAMGでは、一基のエンジンを一人のスタッフが組み立てる、“ワンマン・ワンエンジン”の体制がとられている。拡大
電子制御スタビライザーや専用チューニングのエアサスペンションなどが装備された「GLE63 S」。走行モードの切り替えとは別に、サスペンション特性や車高などは個別の調整が可能となっている。
電子制御スタビライザーや専用チューニングのエアサスペンションなどが装備された「GLE63 S」。走行モードの切り替えとは別に、サスペンション特性や車高などは個別の調整が可能となっている。拡大
630リッターの容量を持つ「GLE63 S」のラゲッジスペース(VDA計測値)。日本仕様のGLEは3列7人乗りが標準だが、同車だけは2列5人乗りとなる。
630リッターの容量を持つ「GLE63 S」のラゲッジスペース(VDA計測値)。日本仕様のGLEは3列7人乗りが標準だが、同車だけは2列5人乗りとなる。拡大

この乗り心地こそAMGの真骨頂

走りだしから街なかで多用するような低速域での速度のコントロール性は相変わらず抜群で、日常使いで出くわすような、渋滞気味の幹線道路をゆるゆると走るといった状況も苦にならない。ベースモデルと相違ないフレキシビリティーは昔からのAMGモデルの美点だ。同時にこの域では、変速時のトルク変動を抑え、駆動を適切にアシストするEQブーストの効果もしっかり感じられる。

美点といえば、高速域におけるライド感もそうだ。今や乗り心地の穏やかさだけで比べれば“M”も“RS”も、なんならポルシェやフェラーリでさえAMGと同等の水準ではないかと感じることが多い。メカニカルであれ電子制御であれ、ピーク側だけでなく微小~小入力域でもきちんと減衰が働くようダンパーに工夫が施されるようになったからだろう。

が、大きな入力を受け止めて戻る際のダンパーの作動をきちんとマネージできているという点において、AMGのそれは他と一線を画すものだ。GLE63 Sもしかり。乗ると2.5tの高重心車両がよくもこれほどぺったりと地面に根を張るように走るものだと感心させられる。上屋が頻繁に跳ね上がらないから目線がブレず、それが肩や首の凝りを抑えて走り疲れを減らす……という好循環は他のAMGモデルでも体感しているが、このクルマも例に漏れず長距離走でがぜん光るフラット感を備えているようだ。

他のグレードにはない機能・装備が多数採用された「GLE63 S」。快適性を高めるものとしては、走行状況に応じてエンジンマウントの硬さを自動調整する「AMGダイナミックエンジンマウント」も挙げられる。
他のグレードにはない機能・装備が多数採用された「GLE63 S」。快適性を高めるものとしては、走行状況に応じてエンジンマウントの硬さを自動調整する「AMGダイナミックエンジンマウント」も挙げられる。拡大
ドライブモード切り替え機構「AMGダイナミックセレクト」の操作画面。専用設定の「レース」を含め、「GLE63 S」には実に8種類ものモードが用意される。
ドライブモード切り替え機構「AMGダイナミックセレクト」の操作画面。専用設定の「レース」を含め、「GLE63 S」には実に8種類ものモードが用意される。拡大
ステアリングホイールに備わる「AMGドライブコントロールスイッチ」。2つのボタンにはサスペンション特性の切り替えなど、任意の調整機能を割り当てることができる。
ステアリングホイールに備わる「AMGドライブコントロールスイッチ」。2つのボタンにはサスペンション特性の切り替えなど、任意の調整機能を割り当てることができる。拡大

“力任せ”ではないコーナリングに好印象

ハンドリングをうんぬんいうようなクルマではないだろうと思いつつ、履いているタイヤのエグさを見ればあらぬ期待も抱いてしまうわけだが、実際、GLE63 Sはこんな体でありながら旋回安定性がかなり高い。さすがに軽快な回頭性というわけにはいかないが、くだんのAMGアクティブライドコントロールも効いてか、平常時の乗り心地からは想像できないほどロールはしっかりと抑え込まれ、腰が砕けるような気配はそうそううかがわせない。フルタイム4WDの「4MATIC+」は0:100~100:0の範囲で自在に前後駆動配分をコントロールするが、ドライブモードがどうであれ曲げに欲張るようなクセを感じることはなく、常にスタビリティーを意識しているあたりも好感が持てた。

しかし、自動車はEV化こそ是という論調がヒステリックに加速するなかにあって、48Vマイルドハイブリッドを免罪符にしているとはいえ、SUVのこうした放蕩(ほうとう)が許されなくなるまで、そう時間はかからないかもしれない。GLE63 Sの物理法則をも振り切りそうな全能ぶりを知るほどに、われわれは厄介な時代を生きているのだなぁとしみじみしてしまう。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

タイヤサイズは前が285/40ZR22、後ろが325/35ZR22と、非常に大径かつ幅広。試乗車にはヨコハマの高性能スポーツタイヤ「アドバンスポーツV107」が装着されていた。
タイヤサイズは前が285/40ZR22、後ろが325/35ZR22と、非常に大径かつ幅広。試乗車にはヨコハマの高性能スポーツタイヤ「アドバンスポーツV107」が装着されていた。拡大
メーターパネルに表示される、メルセデスの電動パワートレイン搭載車であることを示す青い「EQ」の文字。燃費はNEDC複合モードで11.5リッター/100km(約8.7km/リッター)とされている。
メーターパネルに表示される、メルセデスの電動パワートレイン搭載車であることを示す青い「EQ」の文字。燃費はNEDC複合モードで11.5リッター/100km(約8.7km/リッター)とされている。拡大
電子制御LSDを標準装備するなど、コーナーも楽しめるSUVに仕立てられていた「GLE63 S」。こうしたモデルが楽しめるのも、今のうちかもしれない。
電子制御LSDを標準装備するなど、コーナーも楽しめるSUVに仕立てられていた「GLE63 S」。こうしたモデルが楽しめるのも、今のうちかもしれない。拡大

テスト車のデータ

メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4955×2020×1785mm
ホイールベース:2995mm
車重:2520kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:9段AT
エンジン最高出力:612PS(450kW)/5750-6500rpm
エンジン最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/2500-4500rpm
モーター最高出力:22PS(16kW)/--rpm
モーター最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/--rpm
タイヤ:(前)285/40ZR22 110Y XL/(後)325/35ZR22 114Y XL(ヨコハマ・アドバンスポーツV107)
燃費:11.5リッター/100km(約8.7km/リッター、NEDCモード)
価格:1958万円/テスト車=1982万2000円
オプション装備:AMGインテリアカーボンパッケージ(24万2000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:2220km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:224.0km
使用燃料:40.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/6.0km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+拡大
 
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
 
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
 
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ GLE の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。